悪魔と愚者の共通イメージ

この記事は約2分で読めます。

2014年の運勢には、家庭の4番に【愚者】、5番に【悪魔】。
どちらもルーズだったり、無計画に物事がダラダラしていたり、
流されているような雰囲気が共通点ですよね。
それをスッキリと転換して終わりたい思うのですがね :tara:

20141104a

それがね、この11月には4番に【悪魔】、5番に【愚者】です。
何か気になりますよね。いずれにしても良くはない!
悪魔は、良くない知らせが届くことが結構多いかな。
1年のように恋愛やレジャーに出たら良くない縁も気になる。

愚者は、状況がリセットされるようなキッカケが出やすい。
けれど、それまでは無計画に続いている状況があるはず ::ne
家庭に出たときには、入籍や離婚や転居がでやすく、

これは法的な手続きっぽいことがよくでるのです。

すでに同居はし続けてるとか、別居が続いているとか、
転居は終えているとかを、そのまま放置してるとかね :no:
家庭に関係する手続きとかは、色々とあると思いますよ。
家や土地があると、名義を昔のままにしているとか色々。

それと同じで恋愛に出た愚者では、別れ話がでる例もありますし、
レジャーという意味では、イベントが流れて白紙になったりもある。
リセットはイコール、新しい状況に移るわけです。

それに比べ『悪魔』は、何にしても引き締める気持ちが大事 :hint:
11月は4番ですから、家に届く連絡は結構あります。
広い意味で、一般的に良くない知らせと思えることは、
病気や事故だけでなく、離婚や失業など色々。
そして4番に出たときに頻繁にでてくるのが『解放厳禁』の暗示。

ガス、電気、冷蔵庫、窓、玄関の鍵、自転車の鍵、車の鍵、
そういう戸締りやガス電気のようなことで失敗がでます。
だから、引き締める、確認するというのは絶対!!
みんなも、そうインプットしておいてね。
私の11月。しっかりクリアしたい。祈念をよろしくね。