反省か切り替えかは『時と場合』による

この記事は約2分で読めます。

別記事で無意識の噴出口について書きました。
そういう状態になると、支離滅裂な発想になり
どこから手をつけたらよいのか分かりにくい。
不愉快もあるし、でも内容によっては後悔が出て
「あのとき、もっと素直に謝ればよかった」 とか
訳のわからん状態になって凹みそうになる :gakkuri:

思わず、過去の失敗的なことを反省するのもありだし
「しかし、若い頃は誰にだって軽率なことはあるもんだ」
というのも事実。急に浮上してきた感情に対して・・
素直になるとしても、断ち切るとしても、
ここは、キチンと確認してぷちるのが良いだろうと思った。

■今の複雑な気持ちをどう処理すべきか?
答えは・・・【皇帝】でした。なるほど当然だ。
後で思えば、本当にそう思う(笑)。
でもサ、その時点では「受け止めるべきかな」とか、
どう処理すべきか分からなくなっているのです。
しゃーーないですね、人間だもの :tara:

20140329.png

さて、皇帝というのは実行力や実力対処など、
困難や面倒を含むことに対して頑張るよう後押しですが、
私がホロスコープで訳すときによく使う言葉が、

ログインすると会員レベルに応じた有料記事が)お読みになれます。。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました