コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

スリーカードの時間概念

この記事は約2分で読めます。

スリーカードやケルトなど時間を問えない展開法が多いのは、
タロットは「当たるも八卦」という種類の占いでなく、
悩みなど複雑な状況に対し、細かくアドバイスがでる占法だから!

でも、そのレベルを超えて八卦的で的中率が驚くほど高いのが、
ぷちタロット占いですよね。単純なこともドンドン回答してくれます。
ネット接続の問題に困っていた時の回答が、
後に本当に示唆されたとおりになったのはビックリしました。

ただ、受講者さんもぷちタロット占いになれると、
スリーカードを徐々に使い始めます。そしてケルトも!
ここで結果の出る時期が気になってくるのですが・・・

スリーカードに関しては、ここで示しておきましょう。
3番に出た【未来】に関して、いつのことなのか?
一番簡単にいうと「問い」によります。
動きが直ぐにでても出ておかしくない用件のとき。
いえ、すぐに出るだろうと思える用件のときには、
未来の最終結果は、目の前の「時間」だと思って良いです。

問いが大事、問いしだい

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました