カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

将来の為の『今』が知りたいとき3

この記事は約2分で読めます。

期間設定しないホロスコープを学ぼうの3回目。
将来に続く過程の中で「今」とは、どういう時期か?
何を頑張るべきか?気にしないで良いのはどこか?

2回目までの解説で分かってきたと思います。
今回は、最弱の人物カードについて解説します。
強い所、弱い所を分けよう

  • 大アルカナ
    強いカードや動きのあるカードは特に意識しつつ過ごそう。
  • 小アルカナ
    小アルカナルールで吉運や凶運を分けよう。
    強いカードや動きのある・動きの必要なカードを意識
  • 最弱の人物カード
    他のカードをメインにして、特に見つけようとするより
    気になる部分に出ているとしても運が弱いとして他を優先

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この人物カードは、ケルトの最終結果にでても、
結果が周囲の誰かにゆだねられているくらい弱い。
起きてくる出来事がハッキリしていれば別に出るし、
気をつけねばいけない流れがあるなら別に出る。
人物カード以外がでないのならば弱いのです ::ne

それを念頭に最後の部分として読みましょう。

人物カードは最弱です

金貨Kは、金運物質運です。
良くも悪くも強く出る意味なので、
まず金貨男性の特徴を思い出しましょう。

外見は、公務員タイプ。地味で真面目そうな外見。
あくまで外見の雰囲気ですよ。特徴としては….

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました