コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

吉凶だけでなく状況を想像しよう

この記事は約3分で読めます。

今日は基本的なぷちタロの実例を書いてみます。
受講者さんから寄せらせた例も参考にしてね。

明日は美容院へ行こうと思っています。
駅前に用事があるついでに寄りたい。
いつもは、到着後にすぐ行くことが多く、
用事はその後で行っていますが・・・
なんか、その順番で最近はイマイチな流れ :syun:

でも道順の便利さで決めるなら、先に美容院です。
だったらいつも通り先に美容院へ行く と占うと【節制】
これは、自分の意志を抑制する勧めです。NGだよね。
思うとおりにしていかないで再考してみるとよい。

だから、用事の後に行く としたら【太陽】です。
うん、これは楽しさをイメージさせる良いカードです。
用事の途中に挟むのもありなのでしょうね。

もっと絞り込み買物もして帰り際に行くのは【法王】
好意的な人物グループと呼び「ありがたい」と思える。
助力や助かったような落ち着いた感謝の気分かな。

でも!
ぷちった結果が明らかに良い時ばかりじゃないです。
そういう時に、どう決めていくか、選んでいくか。

審判とか太陽とか決め手がないときもあります。
常に、カードに合う背景を想像しましょう。

20190716

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました