否定形で行動を尋ねるときのルール

この記事は約2分で読めます。

しなければならないと思うときや、したほうがよいと思うとき。
いつも、やる気があるとは限りませんね :tara:
でも、問い方を間違える人が多く出るのがソコd(^-^)
へんな欲がでてしまい、やる気がない癖に前向きにぷちる失敗。
「したほうが良いですか?」 なんて聞いてはダメですよ。

すると答えは間逆に出るとか、全然当たらない :ase:
わかっていても安易に尋ねてしまうことがあるのです。
間違って聞いても気持ちがスッキリする人は、ちょっと変。
もし、本当に正しい聞き方ができたら、もっとスッキリですよ!

10月も終わりに近づいたときに、来年の運勢が頭をよぎった。
でも、11月の運勢もありましたし他にも仕事が重なり、
頑張れば案内を作れないこともなかったけど・・気重。
そこで、ぷちってみたのです。

やる気がないので、もっと後で良いですか? と。
すると結果は【運命の輪】でした。グッドタイミングのカード。
物事を進めるだけでなく、否定的な意志でも同じですよ。
自分が取ろうとする行動に対して、ちょうど良い肯定です。
したくない意志を肯定してくれてるのです。

20151030

羅針盤がピッタリと合ってる気がしましたよ。
でも、確認もしてみました。頑張って今日やるのは?と。
さて、こう聞くときに大切なのは、やはり意志ですよ ::ne
意志がないくせに尋ねるのは、ぷちタロット占いに失礼です。
どうするかというと・・・

ログインしてお読みください。
お試しなどの詳細はこちらです。