コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

協力や相互関係を読むケルト

この記事は約3分で読めます。

頑張ってることがあれば、分岐点もあります。
人生には、必ず分岐点や転換地点があるでしょう。
最近、煮え切らない状態があるなら思案時かもしれませんし、
進化・成長してきたことを更に実らせるために考えますね。

年も終わりになると、余計に色んなことをキチンと考え、
見通しを立てておきたいものです。そして今が分岐点なら、
年内に方向性を見出すよう考えたいのもわかる。
独立や合併や今と違う状況に突入すべきか問うて参考に。
今回の問いは、協力を求める方向が良いかです。

20141106

5番の近い過去には【聖杯6】で物事の始まりやスタート地点。
補足がないので、その地点からキチンと動いているかは不明。
とりあえず、過去の始まり地点とすれば良いでしょう。

それが、1番の現在に続いていて、今は【棒Princess】。
情報や人物の選定カードが、悪い意味で出ていますね。
不誠実な人物いい加減な情報が多いようです。
簡単に言うと、そういう悪い縁が出ているわけで要注意。
このカードが出ると、判断材料は過去の実績。

良さそうな話が出ても、実績がない人物なら善良な相手でも用心。
その場の流れで簡単に口にした言葉で、信用していると覆ったり、
親切な申し出や情報だとしてもアテにしないほうが良いのです。

それを直感的に感じているのか、潜在意識の4番には【剣3】。
クールで私情抜きというトラブルを回避したいカードと、
3番の意識には更に【力】で、感情コントロール必須という意味。

近い未来には【金貨Princess】で、堅い判断が促されています。
これは、堅実さや現状維持を示すことが多いですが、
なぜかというと・・・ そのイメージが、

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました