今日の運チェック!
       

偶然の魔法

この記事は約3分で読めます。

最近、英語のヒアリングをしていて物凄く後押しがあります。
それは、まさしく良縁と天命の代表【審判】のニュアンス!
せっかくなので、身近な私の例から説明してみます(⌒^⌒)b
これほど、実感がないと実例発見が難しいカードも珍しいし、
逆に、実感を理解できたら、その感触が嬉しいカードもない。

恋人や聖杯でも嬉しい知らせがあるけども、その違いは
魂に届くメッセージ力があることです :love:
一瞬のことですが、この感触を得たら絶対に離してはいけません。
その後押しを信じて、どんどん進めることが大切です。

先日から、ヒアリングの際に連続して続いているのが・・・
意味をド忘れした熟語や、和訳がついてても聞き取れない会話の後、
日課の単語帳をめくると、そこに答えがあることです 💡
単語帳といっても、1つの単語帳に180前後の熟語や単語があり、
それが20個ほどあります。だから、3600語くらいはあるのね。
その単語帳は、おみくじのように袋に全部詰めて、
毎日ランダムに袋に手を入れてかき混ぜ選んでいます。

そこに、毎度毎度わからなかった答えがあるのは不思議ですね。
嬉しい驚きと共に、神様の後押しを強く感じる瞬間でしょう。

20140418a.png

時に、単語帳のどこかに答えがあるのがわかっていても、
それだけのページ数から探すのが難しいし面倒なので、
「そのうちに」 と追求せずにいるときに限って出てきます :usi:
必死に探し出そうと記憶を辿っても出てきません。

それって、私たちが毎月人生を進めようとするのに似ています。
自分が好むことを無理に探し出そうとするよりも、
目の前の課題をやり遂げながら、そのことも記憶し、
考え続けていると不意に答えがやってきたりするものです。
逆に、好奇心や楽しみばかりを満足させようと進んでも、
結局は、単語帳の同じところを何度繰っても発見できず、
後になり、以前見たところにあったと気づくようなもの。

見落とすように出来ているみたいにね ☝
ご縁があるか、ないか。このご縁は、人物のときもあるし、
そういう時にはお金とか時間とか仕事とか、他を優先しては駄目。
そのうちに、もっとお金があるとき、時間が取れるとき、
仕事が落ち着いたとき、などと言っていると二度と戻りません。
今まで見てきたケースでは、この20年縁が二度出たことはないです。

だから、この審判の直感をもつことは物凄く大事だし、
逃さないで優先することが物凄く大事だし、
これが出てくれるよう純粋に生きないといけませんね。

これが天から降ってくる発想の場合も多々あります。
それまで勝手に思い込んでいたマイナスな考え方が、
不意に転じるような瞬間があるのですよ。
私も経験がありますが、先ほどの人物例で挙げたように、
仕事や家庭やお金やと別のことを優先してしまうことで、
気づけば、これまでの発想に戻ってしまい二度と戻りません。

数年前に『仕事と家庭は、こんな風に両立できるやん』
とばかりに、目から鱗の発想が現実感を帯びて降ってきたのに・・・
結局は、その心がけをすぐに実行せず仕事にかまけていると、
きれいさっぱり消え去り、その感動と手ごたえは今もつかめません。

審判が示す「良縁」とは、降ってわく不意の嬉しい感触で、
いつも満員電車で自分の前だけがすぐに空くとか、
いつも満員の場所で、自分がいくと急に人払いしたように空くとか、
なんとなく気になり脇道に入ったら、好みの店があったとか・・
最初にあげた私の英単語のように、計算できない巡り合わせです。

わざと計算しないよう考えた時点で、計算しているのでNGですが、
素直に、純粋に、本当に頭に良い空白ができたときは提供されます。
運勢に審判が出たときには、どんな瞬間的でつまらなそうでも、
現実を優先したりせずに大切にしてほしい感覚です。

ただ、ぷちタロット占いに限って言うなら、そこまでの意味はありません。
ぷちタロット占いは、そもそも不意の何かでなく、
すべてに意志や思惑があるので、それに対しての肯定なのです。

タイトルとURLをコピーしました