なれると気持ちで読めるGDタロット

この記事は約2分で読めます。

最初にGDでは色彩を説明するのですが、
気持ちを落ち着けてカードを展開すると、
まず、言葉をさがすのでなく気持ちが現れませんか?
タロットの挫折者は大抵の場合に、意味が読めないと言ってきますが、
GDの場合は、意味が自分の中から自然と出てくるの(^-^)

例えば・・・ 女教皇が4番の家に出たとたんに、
「静かに過ごすほうがよさそうだね」という気分になる。
その気分は、穏やかで物静かに何かに取り組もうと促される感じ。




そして5番の恋愛やレジャーを見たら、
「なるほど自宅が良さそうだな。外出はイマイチ」 という気分になります。
正義の配色と構図をみたら自然と・・・ ”頑張れ”ではなく、(無料登録で読める記事です)

落ち着いてという声が聞こえるでしょ?

中心には「聖杯5」。聖杯は全く満たされてなく 一滴の水もでていませんよね?
7番の聖杯3と見比べてみると、よくわかりますd(^-^)ネ!
それを見ると自然に、 恵みを期待しても無駄だから、平常心でいよう
という気分作りをしたくなるのです。
言葉を作ろう、探そうとするのでなく、
色彩になれていけば、絶対にどんな難解なものも
やがて言葉が浮かぶようになります :luck:
それまで、くれぐれも作文はしないように馴染んでくださいね。

GDは、そういう意味でカウンセリング力が高いのかもしれません。
きっと、私がシュタイナーを実践しているという理由だけではないと
最近は、このGDとの出会いにも感謝です。
GDで他者も自分も癒せるところまで付いてきてね~

タイトルとURLをコピーしました