家相は、生年月日や名前に次ぐ強い運気で、住み続けることで影響が強く出ます。吉運にもなるし、生まれつき足りない運を補うことも可能。家相について解説しておきます。
来年のことを言うと鬼が笑うというけれど、 来年1月の話をしておこうと思います。 正式な新年は2月4日18時ごろ。 2020年1月の月運の星は「丁丑」、2月は「戊寅」。 1月6日を境に年運の星(...

心が折れないなら大丈夫【棒10】ケルト

とにかく景気が悪いのが、中小企業や自営業。
どんどん客足が遠のき、今後を危ぶむ声が聞かれます。
それぞれ努力はしていると思いますが、それでも難しい。
だって、一般の方は切り詰めている状態ですよ。
全然、景気なんて良くなっていないのが現状です。

出来ることから頑張るしかないとは分かっているけれど、
経営状態の今後と対策を占いました。

20150327

現在には【節制】が出ています。これは、自制や抑制・休養です。
だから、よく控えめにという語句を使ったりしますよd(^-^)
経営状態を解説するなら、とても忙しいとか繁栄じゃないのは分かる?
静かなイメージのカードだというのは知っていると思うから、
暇とか、淡々とゆるやかに流れるニュアンスです。

そして4番の潜在意識には、好転してくれないかなという願いかな。
この4番や3番は、周囲から出る動きじゃないので審判でも、
幸運が降って沸くことは少なく、せいぜい好転が潜んでいるレベル。
それは何なのかを追々、読んでいきましょう。
ただ作文をするのでなく、対策を見つけるのがGolden Dawn!

姿勢や目標には【聖杯Princess】ですから、ちょっとねぇ・・
このカードは、常に良い意味でも打算や計算が内在しています。
それを心から振り払って純粋に頑張る気持ちが好転の鍵です。
純粋にというのは、目的から逸脱せずに熱心に努力すること。

内在する悪い発想とは、勝手に良い運がくるような想像です :no:
そうしている限り、真の熱意や努力が自分の中から湧いてきません!
お店を繁盛させるという目的をしっかり確認して進めることです。
この前半の流れに好転の鍵があるから、後でしっかり解説しますよ。

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »