やはり出ていた変化の年「タロットとの違い」

昨夜、お客さまのお父様がお亡くなりになられたと知りました。
毎月のユーザーではなかったので、知るのが遅れたのですが・・
さきほど2012年にお送りした運勢を読み返すと、
急な変化があるから、お身内で病気の方がいれば見舞っておくように
と書いてありました。

死期などのハプニングは本当に当たりやすいですね。
これらは平等に来るわりに、良いことは平等にはきませんもん。
しかし、事前にわかれば準備して時には回避が可能です。
総合講座を受講されている方は、同じように読む事ができます。
昨年、要注意とご本人に伝えることが出来た方は、
まだ無事なようですから、何事もなく過ごせるよう祈りたいです :syun:

しかし、タロットで出ている運勢は、少し違いました。
男性のカードが悪い意味で出ていましたが、
驚くような、例えば「塔」がでていたわけではありません。
毎月でもそうですが、タロットの場合は対処を優先してくれる気がします。

1年に何が起こるという大きなハプニングを出すよりも、
1年を通して、どのようなことに(例えば該当する男性のこと)に
注意して過ごしたほうがよいといういうことですね。
男性の経過が悪い=病状が思わしくない という意味で、
必ずしもお亡くなりになる感じでは出ていませんでした。
もしかしたら、年を越せる可能性もあったのかもしれません。
残されたご家族が来年から良い流れになるといいなと思います。

————-
周囲で人がお亡くなりになる周期は、
総合講座の、5回目・6回目のテキストをご覧になってね。

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
スリーカードで時間の感覚を想定するよう大アルカナ各種のイメージを呼び出せば、結果と同時に「いつごろか」が読めるようになる。そのための正しい問いも必要なので解説します。
Translate(翻訳) »