来年に向けて運を上げられる可能性を徹底的に探りながら、ケルトやセフィロトを実践しましょう。

私が自分を占う時の展開法選びを調べた

ケルトをするまでもないような気になることは、
最近よく占って「なるほどね〜」と
悪くなければ経過を見守りつつ過ごします。

スリーカードとケルトの違いはマニュアルじゃないので
私が、どこで区別しているかは定かでなかったのですが、
参考になるかなと思い、ちょっと考えてみました。
過去データで、どういう時にどの展開をしているか見てみた :syun:

20181017

先日から困っていたキーボードの不都合は、困難でした :no:
けれど、それはケルトで占おうとは全く思わなかったです。

すぐにスリーカードだと思った。
思えば、どんなに困ったひどい事情だったとしても
パソコン関連の困りごとの解決は必ずスリーカードです。
ケルトをしようと思ったことはゼロ。

対人関係では、ペンパルや友達から返信がないとか、
疎遠になる気がすると感じたときも常にスリーカードです。

ひとつの法則として感じたこと
... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
2019年1月までが2018年です。ラストスパートをどの方向で進めるか、内向きか外向きか。年末年始に泣きをみないようチェックしておきましょう。
Translate(翻訳) »