スリーカードの展開法と実例解説

スリーカード

タロットの0~21の番号をふってあるのを大アルカナと呼び、それを抜き出して使います。

これからが気になることがある人
達成したいことがある、解決したいことがある。
そんな時はすぐに【スリーカード】をしよう。

未来は自分が思っているのと全然違ったりします。ササっとスリーカードをすれば良くも悪くも必ず参考になる。
的中率も高く色んな占い方ができます。

的中させる使い方

  1. 気になることを心に浮かべましょう。ネガティブなのか、なぜ気になるか、いろんな背景があるはずよ。その不安や気になる部分をメモろう。
  2. その後で具体的に問いを決めます。
    仕事・病気・恋愛など1でまとめた背景をもとに「●●が気になる。その今後」のように問いましょう。

時間設定を加えたい場合

  1. 上の1・2で不安や気がかりを思いうかべながら「もう、そろそろ」解決するか「今後」
    「まだ、しばらく」●●は続くのか「今後」
    という文言をどちらか挿入します。
  2. 嫌な状況が続くか、良い状況がこのまましばらく続くかなど
    気持ちに合うほうを選びましょう。
  3. その際に、限界はいつかをカレンダーで切りのよい区切りでなく、
    心の限界として3日、1週間、3か月という風に真剣に向き合って頭に入れて置こう。
  4. そして占いは普通に解読していきます。

占い方法

  1. ぷちタロ・一日法・スリーカードなど大アルカナのみの場合はトランプと同じ方法で構いません。(ケルトやホロスコープと同じ方法でもよい。やりやすいほうにしてください)
  2. それを2つか3つの山に分けてから、順番を変えて積み替えてください。(カードの向きは扱いやすいほうで構いません。)
  3. ひとまとめにしたら正逆のないカードですから、後ろの絵柄を参考に、すべてが正位置になるよう表向きに並べていきましょう。
  4. 大アルカナだけを基本シャッフルし、上から 3 枚目を過去へ。
    同じく 3 枚目を現在に、また 3 枚目を未来に置きます。
    初めて使うときに、ぷちタロにて自分のスリーカードによい数字を占い
    、上から何枚目を使うか「独自の占い方法」を見出すのも良いです。

カードの解読

  1. 【過去】が、過去の出来事にピッタリのことがあるか。
    ない場合は現在のカードの原因と読めるかを考えましょう。
  2. 【現在】のカードが現状にピッタリかをチェック
    ピッタリの場合は、未来が悪いなら「鍵」ともなっているかチェック
  3. 良いカードなのに実際は全然よくない、悩んでいるとか、
    悪いカードが出ているが実際には良好な場合には「鍵」です。
  4. 【未来】が吉運か凶運かをカードから推測しましょう。
  5. 最後の時間設定がある場合は、設定した期限でどうと出たかを解釈しましょう。
  6. この場合のスリーカードの最終地点は時間設定で決めたところになります。

 

小アルカナを加えて占っても構いませんが、大アルカナだけなら吉凶はよりハッキリし、時間設定もばっちり当たります。

スポンサーリンク
スリーカード

身近な不調や気重は自分で占う「読むコツ」

リアルな現実を占うと、主観的な感じ方と結果との乖離があり、読みがむつかしいときもあるね。こんな風にでて、もし対人関係を占ったりしていたら、ポジティブな流れが消えていく(収まっていく)ように見えます。良い流れが消えるように見えます。けれど不安で占ったのなら「現在」や「過去」はどうなのだろう。そこをしっかり読み込むよう解説します。
スリーカード

時間設定スリーカードで気分を変えよう

イマイチの気分、沈む気分、意欲のなさなど、このままで「どうなの?」と不安ならサッサと時間設定のスリーカードをしてみましょう。近いうちによくなってくれるのかがハッキリします。占い方法を書いておくね。
スリーカード

絶体絶命の現在に出た「星」は的外れ?

【星】が鍵として出ているときの対策は、嫌じゃないことを徹底してやるのみです。周囲から見て、どんなに大変そうでも、自分が嫌ではない努力をすることです。今回は私のパソコンによる問題ですが、問いが変わっても解釈は活かせますよ。 徹夜でも何でもOKなのです。自分が取り組みたいだけ徹底すべし💨 それで星の有望な流れが得れらるでしょう。
スリーカード

策を打ったら未来を再確認しよう

対策を考えて実行したことも、本当に功を奏していくのかスリーカードで再度チェックすると良いですよ。私は通信に関して問題がでていたのでパソコンの設定を変えて一度はつながりましたが、翌日から同じ症状がでています。使いやすいスリーカードで気になることを適度に占いデータを取っておくといいよ。
スリーカード

現状把握と再確認に打ってつけのスリーカード

毎日が似たような繰り返しや、同じように続けている努力があれば、たまに「これで大丈夫なのか」わからなくなる。そこで未来に何が迫っているか、吉運か、凶運か。それを目で見てハッキリ受け取ると助力になります。今何をするのが良いかもより実感して前へ進めますよ。スリーカードでちょこちょこ確認できると良いです。
スリーカード

困った事には時間設定で対策を打とう

困った状態、辛い状態、気がかりなど「こんなん、いつまで続くんやろ」と感じたら、時間設定を上手にスリーカードに取り入れると良い。何日後に回復しているか、良い兆しがアルカナいかがわかります。ちょっとしたコツが必要なので要領にそってやってみましょう。かなり役立つ身近な占いになります。
スリーカード

軽い体調不良はスリーカードでチェック「運命の輪の処置」

運命の輪は、それ自体で吉とも凶とも読まない周囲との関係が重要視されるカードです。今回のように真ん中にあると、今が起点になり区切りをつけるよう意識すべきと読める。詳細な読みと、時間設定した際の結論を書いておきます。
スリーカード

軽い体調不良はスリーカードでチェック「皇帝の処置」

日々のちょっとした不安や不調をすぐに占え、対策のヒントをもらえるのがスリーカードです。私に依頼するまでもないうちに悪化か回復かの流れが自分で読めます。今回は耳の不調を参考に、どんな時にも読みに役立つ皇帝の解説をしておくね。
スリーカード

運が満ちるまで待つのも努力のうち「悪魔の対策」

希望実現が叶うと出たら、努力はしたいと思うでしょう。しかも具体的な人物像まで出ているとなれば探したくなる。けれど探してはいけない運でもある。運は、そもそもあるのだから流れを変えないで何ができるでしょうか。試行錯誤した身近なお話から参考に出来ることがありそうです。
スリーカード

チェックが大事「占いがないと得られない運」

趣味や学習を減らそうかと思っていたところ占うと続けるようにとの指示。思えば自分では無理だと思うなどネガティブな方へ傾いていてもGolden Dawnで形勢逆転したりする。変化の分岐にいるときに、その気持ちを占いましょう。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました