ケルトの展開法と実例解説

ケルトの展開法と実例解説 ケルト練習

ケルトは定期購読で詳細な解説が読めますが、総合講座受講による小アルカナルールを学んだ方以外、お読みになっても独学では理解できないことを前提としてください。

ケルト十字法

スリーカードと同様、悩みや知りたいことの未来がわかります。
ただ、スリーカードよりも最終結果は問いにより決定的なもので、簡単に変わることがありません。


問題の根本的な吉凶を占うのに適しています。
結婚、転職、不動産など特定の相手、会社、土地に絞って占いましょう。

占いたいと思う背景をメモった後、「○○の今後」と問うて吉凶を出すと良いです。

占いを的中させるには

問い作りがとても重要です。
問いはシンプルに聞きたいことを1つに絞ること。
あれもこれもと入れ込むと結果を読めなくなります。

ごちゃごちゃした不安等は背景としてメモします。

シャッフル方法

  1. テーブルの上で時計回りにかきまぜ1つの山にする。
  2. それを2つか3つの山に分けてから、順番を変えて積み替えてください。(カードの向きは扱いやすいほうで構いません。)
  3. ひとまとめにしたら正逆のないカードですから、後ろの絵柄を参考に、すべてが正位置になるよう表向きに並べていきましょう。

展開方法

1. 上からえて 7 を 1 に、続けて 2 に
2.
じようにえて 7 を 3、を 4 に、
3.
えて 7 を 5 に、 を 6
4. 後にりのカードを上から7 7 に。同じ要領で次の7枚目を 8に。次の7枚目を9に。次の7枚目を10にきます。

スポンサーリンク
ケルト練習

タロット占い「策を見つける計画の第一歩」

頑張って成果をだしたいけれど、今までの対策で結果はでておらず、新たな策も見つかっていないなら「どうすればよいか」をまとめました。占いの選定や手順など復習してみましょう。
ケルト練習

心に響く答えがでた友達との今後「審判と剣7」

ケルトで大アルカナ満載で究極に厳しい状態から、想像を超えた動きになる未来もある例です。自信をもって結末をお届けできる戦車と審判の実例読みから学んでおこう。初めて自分に出た人も迷わず読める実データがある例です。
ケルト練習

ケルトの使い方を復習「基礎」

ケルトは気がかりの未来が出る占いで、高い的中率の古典的なタロット占いです。それをより完璧に運用するための基本を復習しておきましょう。私の身近な実例で占う際のヒントを書いておきます。これを守ると信憑性は確実にアップします。
ケルト練習

地味な対策から成功体験しよう「金貨グループ」

基礎やコツコツという共通認識がある金貨グループは、地味で苦労もないカード。だからこそ、勝手にできていると勘違いしている人と、本気でキッチリ意識して積んでいる人の差が後になって広がります。何に関して取り組むべきかをしっかりイメージしてやってみてください。成功体験になります。
ケルト練習

コロナで大変「今後やっていけるか」 (前)

どんな原因であろうと大変な状況の今後を占うのは良い。ケルトだとリアルに様子が浮かぶでしょう。法王と女帝の示す助力がイメージできれば打つべき対応もおのずとわかる。解説から現実を思い浮かべられるよう書いてみます。
ケルト練習

お店の繁盛と繁栄は叶うか (後)

今から頑張れば順調に努力の成果が運にも影響して、繁栄へ向けて進みます。ただし、最後の最後には順風満帆か失敗かが分かれているのです。なぜ、そうなるか。そうならないために良い選択ができるようカード意味も含めて解説しておきます。
ケルト練習

お店の繁盛と繁栄は叶うか (前)

吊るし人は悪いカードで見通しの暗さを示しますが、意外とちょっとしたコツをつかむと好転できるカードです。金貨8の真面目でコツコツのグループが2枚でていますから、その共通点と今回の読みを理解して繁栄へつなげられるよう解説します。
ケルト練習

晩年に財運があるといわれたが本当か(後)

ケルトで晩年の財運があるといわれたことが本当か。その最終結果は、佐藤流の小アルカナルールの中で「審判特別ルール」でした。周囲には何の助力もありませんが、結果の読みは驚くべきものです。学びましょう。
ケルト練習

晩年に財運があるといわれたが本当か(前)

晩年に財運があると昔いわれた方が、本当に財運があるか。晩年と言われたのなら確実に生年月日での占いでしょう。そういう過程があれば、ケルトで晩年という文言をいれなくても占うことが出来ます。良い質問設定になります。まずは現在の様子を訳しています。
ケルト練習

タロットにおいての時間と設定「スリーカード推奨」

私はタロットが身近でもっともっと使えると思っています。ちょっとしたことも本当にアテにできるから、早期に何でも占っておく方が良いです。特に時間設定をしたいのが人の常「いつまでに」と知りたいですよね。上手に使いこなせるよう何でも占ってみることよ。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました