ケルトの展開法と実例解説

ケルトの展開法と実例解説 ケルト練習

ケルトは定期購読で詳細な解説が読めますが、総合講座受講による小アルカナルールを学んだ方以外、お読みになっても独学では理解できないことを前提としてください。

ケルト十字法

スリーカードと同様、悩みや知りたいことの未来がわかります。
ただ、スリーカードよりも最終結果は問いにより決定的なもので、簡単に変わることがありません。


問題の根本的な吉凶を占うのに適しています。
結婚、転職、不動産など特定の相手、会社、土地に絞って占いましょう。

占いたいと思う背景をメモった後、「○○の今後」と問うて吉凶を出すと良いです。

占いを的中させるには

問い作りがとても重要です。
問いはシンプルに聞きたいことを1つに絞ること。
あれもこれもと入れ込むと結果を読めなくなります。

ごちゃごちゃした不安等は背景としてメモします。

シャッフル方法

  1. テーブルの上で時計回りにかきまぜ1つの山にする。
  2. それを2つか3つの山に分けてから、順番を変えて積み替えてください。(カードの向きは扱いやすいほうで構いません。)
  3. ひとまとめにしたら正逆のないカードですから、後ろの絵柄を参考に、すべてが正位置になるよう表向きに並べていきましょう。

展開方法

1. 上からえて 7 を 1 に、続けて 2 に
2.
じようにえて 7 を 3、を 4 に、
3.
えて 7 を 5 に、 を 6
4. 後にりのカードを上から7 7 に。同じ要領で次の7枚目を 8に。次の7枚目を9に。次の7枚目を10にきます。

スポンサーリンク
ケルト練習

やる気出ず「こんなんで大丈夫?」(後)

漠然とした意欲のなさを感じ、それでも叶えたいこともあるから「こんなままで大丈夫なのか」と行く末を占った。特定の目標ではなく、漠然とでも現状からの未来を占える実例です。周囲にでてくる人物カードについて興味深い関連も推測してみます。
ケルト練習

やる気出ず「こんなんで大丈夫?」 (前)

漠然とした意欲のなさを感じ、それでも叶えたいこともあるから「こんなままで大丈夫なのか」と行く末を占った。特定の目標ではなく、漠然とでも現状からの未来を占える実例です。しかも、気持ちにしっくり着てると役に立ってくれます。ケルトに出た剣Princessの良い実例も覚えよう。
ケルト練習

漠然とした状況でも未来がでる「占い設定」

すごく重要な悩みや不安でなくても、スッキリ方向性が見えたら嬉しいものです。時間を無駄にしなくて済むでしょう。ケルトを漠然とした不安でもしっかり応用できるよう手順を書いておきます。是非使ってね。
ケルト練習

希望が叶う流れにあるか占う例(後)

現実的困難が、どのようになるか。審判特別ルールになる金貨5など小アルカナの実例読みです。環境が今回のようにすこぶる厳しい場合にも展望が見えるので学んでね。

ケルト練習

希望が叶う流れにあるか占う例 (前)

懸念がでていた部分を事前に見つけて、 回避した直後に良い軌道に乗れたか? 通信環境についての未来をケルトしてみた。 「佐藤さん、私たち都会だから・・」 「通信環境とか興味ないし・・・」 とか言わんといてね。 題材は重要ではな...
ケルト練習

「ケルト」気持ちが出る場所と最終結果

目標達成や運よく過ごしていく為の選択肢は大事。ぷちタロットで選ぶのが妥当でないものや未来の流れをしっかり且つ、ざっくり見比べられるようコツを書いておきます。是非、やってみてください。
ケルト練習

森会長問題後「オリンピックの開催」 (後)

オリンピックの開催ができるのかは悲観論が大半です。女性蔑視問題も起きて不可能にしかみえませんが、結果は意外なものでした。力や星という大アルカナの再確認と、棒2がどういう事態を示すのかも実感してほしいです。人物カードの読みも書いておきます。オリンピックを実現したいです。
ケルト練習

森会長問題後「オリンピックの開催」 (前)

オリンピックに関しての女性蔑視発言が大きくなり、オリンピックの開催は可能なのかを占い結果が上手く出なかったかたの問題点を改善して、別の問い方で占いました。すると結果はハッキリ読める形で出た。問いについての発想と、聖杯4の可能性について解説します。この可能性は多くの人が逃しているので拾えるようにしていきたいです。
ケルト練習

聖杯6が示す過去と未来のイメージ

聖杯6は痛い文言がなく、やんわりしているだけに油断しがちなのか発見が難しいカードのひとつです。よくわからないまま終わった月はありませんでしたか?過去と未来の起点で運命の輪の仲間です。聖杯6が「そういうことか。わかったぞ!」と思ってもらえるよう書いてみます。
ケルト練習

何も対応しないで来る未来「人間関係・婚活編」(後)

基本の意味が弱まるときに、ちょうどよい塩梅に収めるコツが実例から理解できるように書いてみます。もともとハッキリしない聖杯8や金貨2が弱まってしまうパターンを読んでいます。現実には、白か黒かではありません。正逆読みではないからこそできるリアルな現実にある中途半端な意味合いを上手く読み解きます。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました