ぷちタロの展開法と実例解説

ぷちタロ占い

タロットの0~21の番号をふってあるのを大アルカナと呼び、それを抜き出して使います。

今日の午後のジムへ行こう!
とか

欲しいものを注文しよう
とか
「行動の度に決定を占ってみましょ。」

的中させる使い方

  1. 自分の気持ちに正直に問うほど的中率が上がります。
    気が向かないのに「○○した方が良いか」と聞くのはNG
  2. 嫌なものは嫌、気が向かないなら向かない。
    サボりたいなら「さぼるぞ」とストレートに吉凶を聞こう。
  3. 結果が「凶」なら、気持を切り替えて別方向を聞くのはあり。
  4. 手あたり次第でなく真面目に親友に尋ねる敬意をもってね。

占い方法

  1. ぷちタロ・一日法・スリーカードなど大アルカナのみの場合はトランプと同じ方法で構いません。(ケルトやホロスコープと同じ方法でもよい。やりやすいほうにしてください)
  2. それを2つか3つの山に分けてから、順番を変えて積み替えてください。(カードの向きは扱いやすいほうで構いません。)
  3. ひとまとめにしたら正逆のないカードですから、後ろの絵柄を参考に、すべてが正位置になるよう表向きに並べていきましょう。

定期購読すれば楽しい実例がたくさんあります。
無料でダウンロードできるテキストも順次用意します。

結果の有効範囲を知ろう

ぷちタロは、自分が進めたいことや逆に気乗りしないことをそのまま尋ねると、カードの吉凶を通して返答してもらえます。

やる気がなくても肯定されたり、逆に頑張ろうという気合が否定されることもあり、良い流れを作ることに役立ちます。

間食、勉強、お出かけのタイミングなど
日常の動作をタイミングよく占いましょう。

  1. 思いついたことがベストだと信じ込まない事も大事。
  2. 思いついたこと以外に更なる良い選択があるかもしれない。緩く考えましょう。
  3. 結果がひどく悪い時は信じて別の選択を考えること

ご自由にダウンロードして参考に 大アルカナ〈0〜21〉
スポンサーリンク
ぷちタロット練習

一番良いタイミングと運と効果を見つける

ぷちタロットができるか否かで日々の吉運選択は大きく違ってくる。それは自分がよかれと思う選択肢がしばしば凶運だとでて納得できるところです。推し進めて失敗したり、体験から失敗を避けたり、指示に沿ってラッキーを得るのを覚えたりできる。今回は戦車と女帝を応用範囲を広げて絶妙な解釈になったパターンです。
ぷちタロット練習

進めるとリスクあり/進めないと凶運「どうするか」

白か黒か。二者択一で「実行か否か」を占うと、どちらも運がさほど良くないときがあります。今日の実行はリスクがあり、明日以降ならもっと凶運な場合、リスクを回避できたろうに案の定ダメだった身近な実例です。もっとよく考えたら気づいたのにという例です。運は日々の小さな気づきからです。
ぷちタロット練習

身近な不調や気重は自分で占う「占うコツ」

モヤっとした気分、不安な気分など悪化しないうちに流れと対策を得ると良いでしょう。その際に複合的な問題の場合もあります。頭が痛いけど胃もたれも頭痛もするとか、仕事以外に上司も待遇も不安とか。的確な問いをするほど的を得た対策がでるからやってみましょう。記事を参考に問いを作って占ってみよう。
ぷちタロット練習

スマホの数字も「運の差」がある

生年月日や住まいの運に比べると影響はだいぶ弱いですが、色や数字も「常に身近にあるものについて」は気を付けて損なし。タッチの差で幸運に預かれるかは大違い。お子様のスマホを買う際にぷちったお話です。
ぷちタロット練習

後悔や迷いがないだけで人生は快適

雲っていたから洗濯をしなかったら晴れてきた。そんな時「洗濯します」と占うとか、普段の身近なことで吉凶をパパっと占うのは良い。それが特別だと感じなくても、とっても平和で落ち着ける。人生の大切なことがそこにあります。
ぷちタロット練習

星がでたら紆余曲折に戸惑うべからず

最初に実行するか否かの吉凶をユーザーさんなら必ず占っているでしょう。ケルトでなく、ぷちタロットでも占ったことには信憑性があります。途中で障害や迷いがでたときのヒントです。
ぷちタロット練習

やるのもアカン、やめるのもアカン「愚者の脱出」

選択肢を占い、どうしてもスッキリとよい結果がでないときは続いたりします。方法を変えても運がよくないときに参考にして問いが見いだせるように解説しておきます。
ぷちタロット練習

太鼓判の審判は生まれ変わるイメージ

調子がイマイチの時、迷う時ばかりでなく、時々は自分の限界や発想の外にでてみるのも良いと思います。ぷちタロットしてみると太鼓判の審判が連発する方向もあるかもしれません。審判探しをしてみようというお話です。
2021.04.04
ぷちタロット練習

消耗品の選択で未来は変わる

買う物ひとつとっても適当に買ったものより、吉運がハッキリしているものは良い。美容や健康やその他、多方面で後々「これでよかった」という証明みたいなことがよく起きます。しかし、以前よかったから使っても、次の購入はNGで変えたほうがよいっこともあるの。今回は星と女帝の選択肢にあう読みも解説しておきます。
ぷちタロット練習

模索中のことをタロットに導いてもらった

何かを模索しているときは、自分なりに「よかれ」と思う選択をしているはずです。でも、それが本当に正しいかはちゃんとわかります。今回は「力」が表す問題回避のアドバイスを気にかけて回避できた身近な実例を参考にね。力は当たるときついけど、はずすと必ず良い流れがでますよ。また今後の展望にでてくる暗示を読みやすくするヒントも書くね。きっと普通では見つけられない発見ができます。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました