タロット占い展開法

Golden Dawnによる占い

魔術系と呼ばれるGolden Dawnは確かに特殊かもしれません。けれど、使う人次第なのは言うまでもありません。

ここでは全く違和感なく、タロットカードの枚数も知らない初心者のかたが自然にGolden Dawnに馴染み、使い、たのしく学んでいます。

大アルカナから始めてみると思った以上にしっくりくる方もいると思います。正逆を取らない特殊な占い方ですが特に難しいことはありません。定期購読していただくか、無料お試しでも大アルカナの「ぷちタロ、一日法、スリーカード」の有料記事はお読みになれます。

占い方ページ

  1. ぷちタロ占い
  2. 一日法
  3. スリーカード
  4. 希望実現法
  5. ケルト十字
  6. ホロスコープ
  7. セフィロト
  8. 陰陽五行

TOPにあるサブメニューをクリックするか、
スマホではサブメニューは最下部の開閉ボタンから

スマホのメニュー

パソコンのメニュー

スマホのメニュー

スポンサーリンク
ケルト練習

タロット占い「策を見つける計画の第一歩」

頑張って成果をだしたいけれど、今までの対策で結果はでておらず、新たな策も見つかっていないなら「どうすればよいか」をまとめました。占いの選定や手順など復習してみましょう。
ホロスコープ

一年の問題点が来るか「前半期をチェック」

1年の運勢にでている気がかりがあれば、前半期をホロスコープしてみましょう。今回は中心に出ている塔が悪い知らせとして起きるのか、起きそうなのかを6月末までの半年で出してみた結果です。月の金運も解説しておきます。
ケルト練習

心に響く答えがでた友達との今後「審判と剣7」

ケルトで大アルカナ満載で究極に厳しい状態から、想像を超えた動きになる未来もある例です。自信をもって結末をお届けできる戦車と審判の実例読みから学んでおこう。初めて自分に出た人も迷わず読める実データがある例です。
ケルト練習

ケルトの使い方を復習「基礎」

ケルトは気がかりの未来が出る占いで、高い的中率の古典的なタロット占いです。それをより完璧に運用するための基本を復習しておきましょう。私の身近な実例で占う際のヒントを書いておきます。これを守ると信憑性は確実にアップします。
ホロスコープ

毎年1月は「前年を再確認すること」

訃報がある年にでていた代表的ホロスコープを示して、1月の危険について解説しておきます。1月は新年の運がよかったり無難だったとき、もう前年は終わったと思いがちです。ここで、もう一度、前年をチェックしてみる大切さ。前年の良くない知らせは翌年1月まで有効だという実例です。
五行練習

さんまさんの大転換期を参考に「五行」

明石家さんまさんの名言をいつも参考にしていますが、運をチェックしたことがなかったので五行で占ってみたら、エピソードとあまりにマッチしていて驚きました。彼の運が私たちの通過する星のお手本になると思います。参考にしてください。
2021.01.13
ホロスコープ

塔が中心に出たときは何が起きるか「どうするか」

ホロスコープの中心に塔がでたときのパターンを解説しておきます。吉運の場合、凶運の場合があります。そして3つめの読みとして「思い切る」こともある。1年の運に出たときは結構な出来事が起きてきます。
希望実現法

希望実現の為に具体策を足す占い

目標があるけれど、具体策を探し中というときにも何もしない時間が勿体ない努力家の人は占いましょう。希望実現を他の間接的なところから運気アップできるか占えます。運が出るかはわかりませんが、でてくれたら儲けもの。今回は対策が隠者だった場合の対人と勉強とで分けて読む=違う読みを伝授します。意味の使い分けは大切です。
一日法

一日法が悪かった日の失敗がでた

一日法がずっと悪いとき、日々のカードは違っても悪い原因があったりする。また、その中に単発的な問題も含むなど重複もあります。私の場合は、力の日に死神の日に犯したミスの結果が出たりした。力がでたときにはすでに犯しているミスもあるという例です。
ホロスコープ

発見を掘り出す集中力「女教皇編」

女教皇などの飛躍的おだやかな運がでると、必死に女教皇のヒントを探すよりも、普通に落ち着いていればいいだろうとなりがち。それで運が落ちることはありません。だけど、ヒントから幸運の種を見つけることは可能なの。「これだ!」と直感できることが神様の示すことなので見つけた実例を書いておきます。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました