コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

怠慢・ぼんやり

スポンサーリンク
タロットな雑談

「何が何でも」「絶対にあきらめない」リストを作ろう

厳しい年に「何が何でもやり抜くリスト」を作ってみたら、意外にもほぼ出来ていました。その年の運に相応しいリストを作っていくとよい。2021年は、今年の続きになるのです。まだ運の切り替わりへの準備は1年できると思いましょう。
怠慢・ぼんやり

背伸びをしようと決めることで楽しくなる

今年を通して学んだのは・・・ ハングリーという気持ちかも知れん。 そう思っている此の頃です(⌒∇⌒) ハングリー精神って言葉では知ってたけど 実感は初めてかもしれない。 なるほどハングリーとは良いものだ 満足できてることは当たり...
怠慢・ぼんやり

エアーボケットに注意「目標は自然に出るもの」

人生の目標は「これだ」と言えるものがないと急に物足りなさを感じたかたのお話です。十分に頑張ってきたから色んなことを叶えて手に入れましたが、それは目標とは言えない。頑張りたい一心で誰かの役に立つとかも必要なのではと思い始めたようです。
怠慢・ぼんやり

一生懸命って大事だね

素晴らしい人達を見ては「出来が違う」といってしまうけれど、東大王の人が俳句に挑戦する姿勢を見ていて「違うのは出来なはない」。それ以上に違う点があると認識したお話です。いろんな番組を録画しておくといいですよ。
怠慢・ぼんやり

「よーーし」というだけで運気アップ

転んでも良い。疲れても良い。間違っても良い。ただ、いつでも凹む時間は最小限に「元気」をだせば運が来る。元気には運を呼ぶ力がある。元気は高い価値がある。そんなお話です。
怠慢・ぼんやり

目標に年齢や都合は関係ない「覚悟の差」

自覚を高めていかねば達成はない。「やってるつもり」では達成はやってこない。それを目の当たりにしました。目標を叶えた人やそれを持続させてる人が絶対に持っている共通点について書いています。良い刺激になったお話です。
怠慢・ぼんやり

何が何でもやり抜くリストを作った

1年で大きく進化し、結果を出していく人もいるから、自分をケルトしてみたら散々な結果でした。そこでモタモタする自分を変えるため「何が何でもやり抜くことリスト」を作ってみたのです。内容など参考にしてみてください。
タロットな雑談

タロットを役立て「運の切り替わりへ対応」しよう

運は寒暖の差と同じように変化しています。そのときに応じて一番良い備えをしていけば、良いことが増えて過ごしやすいのは当たり前。そのために少し頭を使い、体験した内容を整理していくと良い。先月学んだことは違う形で活用していくことになる。私も身近な例を参考にしてください。
怠慢・ぼんやり

疲れまくって回復しまくる楽しさ「人生フル稼働」

疲れるのが怖くて、避けてて、どうしようもない努力不足の自分でも、ひとたび疲れるって意外と楽しいよとわかると味を占めます。進化し続けている人の学んだことや、意識改革になった私のお話と、次に必要なステップを書いてみます。やったもの勝ちというより「やらないもの負け」と実感している此の頃です。
怠慢・ぼんやり

「やれることを進めよう」反省してもしゃーない。

反省しても、刺激を受けても、実際に何もしていない無力感。それを優秀なユーザーさんから学んで変えていきたいです。意識を高く持つ。出来ないことを出来ないままにしない。それは、やらないのと同じですよね。やれることは全てやったと言えるようタロットが有効だというものを占いで探ってみました。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました