好調を続けたい

スポンサーリンク
落胆・しんどい・不安

可能性を広げる「運のつく学び」とは

資格や知識が必ずしも役立つわけではない。人+資格で「人」がいつでもメインです。いろんなことに関心が持てる人。向上心がある人。そんな魅力的な人と関わっていたいのが常。運がつく学びを進めるコツを書いておきます。
好調を続けたい

良い流れの起点は作れる

普段から一日法やぷちタロットをして 自分が意志する動きをしていくと 流れが良いのか悪いのかがわかり、 運よく流れているときは実感するはず。 さんまさんが凶運を回避したお話を 五行練習で解説しましたが、 いかに流れが大事かの実...
2021.01.14
怠慢・ぼんやり

運は周囲にいつもある「準備探しの行動」

運は生まれたときから、気づかなくても周囲に存在し、拾える人は幸運な流れが増えてくる。それをつかみとるにはコツがあります。難しいわけじゃなく、少しの根気と自分があきらめない姿勢で発掘されるでしょう。運を見るけるコツを書いておきます。
落胆・しんどい・不安

良い年の変化と悪い年の変化を理解しよう

悪い星と良い星。誰にでも平等にめぐりますが、成功を維持している人に言えることは「悪い星のときに学んでいる」こと。一見すると悪いと受け取り嫌な気分になることを、そうならないよう自己教育出来てる人は人生が充実してくるという事実。悪い星で見習った教訓などを書いておきます。
好調を続けたい

意識に刷り込めば加速する

抱負に関して、目標に関して、メモることは運を作ることに等しいです。文字の霊が運をくれるように書き出したことから動く機会が偶然できることは多いです。成功者の意識づけに似ている簡単なことをやってみてください。進みだすことが増えるでしょう。
好調を続けたい

昨年の自分に差をつける「来年になる前に」

日誌をつけて記録を残すのは一日法などの占いデータはもちろん、思い違いに気づけたりします。昨年の今頃は目標にしたことの準備をしていたと思ったら、1月終わりからおもむろに検索など始めていました。検索のためのじゅほう収集もしていなかった昨年。昨年の自分より一歩でも先を行こうというお話です。
イライラ・否定的

運を上げ幸せを増やす発想に変えよう

神の世界の法則では「心で思うことは実行と同じ」と言い、心の中の状態が運に直結しています。良い心がけを持つことは運だけでなく、自分が幸せになる大きなカギでした。日常の決められた範囲でする心がけから、一皮むけて進化できたお話です。
怠慢・ぼんやり

希望を目標に変えて運に乗ろう

人生の大きな星が良い人でも、なかなか運が上がらない人もいます。その差は何か。意欲と目標の違いです。何か小さなことでも成功体験は持てるから、目標をたてて1年取り組むとよい。毎月は一年を変える。間違いありません。希望が誰にでもるから、それを目標に出来るというお話です。
タロットな雑談

周囲には意外なほど色んな運がある

もし気分がイマイチな日があるなら、なんとなくそのまま過ごすのは止めましょう。なぜなら周囲の中には至る所に運があり、何を取り入れるかで気分も運も変わります。間違った時間をすごすなら、後悔しないで済むよう周囲の環境を吉凶判断して良いものに関わりましょう。
好調を続けたい

好循環を作り出すヒントを学ぼう

自分の目標ばかりに目をやらず、他に楽しみがあるのは良いですよ。運は多方面からやってきます。仕事が仕事関係だけでつながるのでもないし、恋愛が婚活だけでつながるのでもない。楽しんで出来ることが増えると運もつながってくるお話です。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました