コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

タロットな雑談

スポンサーリンク
タロットな雑談

「何が何でも」「絶対にあきらめない」リストを作ろう

厳しい年に「何が何でもやり抜くリスト」を作ってみたら、意外にもほぼ出来ていました。その年の運に相応しいリストを作っていくとよい。2021年は、今年の続きになるのです。まだ運の切り替わりへの準備は1年できると思いましょう。
ぷちタロット練習

ぷちタロット活用「実行する方法で効果が変わる」

一年の始まりに「何が難てもやりぬくリスト」を作り、一番良い方法を占いました。そのいつくかが今年の良い習慣を生みだし、更なる工夫を生み出し、厳しい悪い運は和らいだ実感があります。ホンマに心強いGolden Dawnタロットの実用について書いておきます。
怠慢・ぼんやり

背伸びをしようと決めることで楽しくなる

今年を通して学んだのは・・・ ハングリーという気持ちかも知れん。 そう思っている此の頃です(⌒∇⌒) ハングリー精神って言葉では知ってたけど 実感は初めてかもしれない。 なるほどハングリーとは良いものだ 満足できてることは当たり...
落胆・しんどい・不安

いろんなところから元気をもらおう

元気をくれる人の素晴らしさを実感し、自分も精一杯に頑張ろうと思えることが多いのでは?疲れを感じたら是非、周囲から元気を分けてもらって下さい。覚悟を決めた人の異次元の精一杯を見せてもらい、感動したお話です。
タロットな雑談

足りない運は家相で補給できる

生年月日や名前を変えるのは不可能でも、家の運もかなり強いですから、そちらで運を上げることはできます。しかし運が良い家は簡単に見つからないのが味噌。それでも自分で占えれば可能性は広がります。家について占う方法を書いておきます。
好調を続けたい

希望実現は年齢ではない「発想の違い」

長年「ある状況」は、まるでずっとあると思いがちですが、運には変化がつきものですから、どんな変化であろうと活用するつもりでいれば「変化には可能性もくっついている」のが本当のところ。周囲を変えることは無理でも、自分を変えるチャンスはあるのが人生だと思いだしてほしいお話です。
タロットな雑談

時間設定スリーカードで「気分の復活」を助けよう

時間設定のスリーカードは、ちょっと嫌な気分でも「それがまだ続くか」と対策がわかりますし、ちょっとした困りごとでも使える便利で重宝する占い方法です。最後の時間設定で自分の気持ちに上手く向き合えさえすれば驚くほど的中するでしょう。しかも悪い時は外すための対策も得られるねんから使わな損です。
怠慢・ぼんやり

エアーボケットに注意「目標は自然に出るもの」

人生の目標は「これだ」と言えるものがないと急に物足りなさを感じたかたのお話です。十分に頑張ってきたから色んなことを叶えて手に入れましたが、それは目標とは言えない。頑張りたい一心で誰かの役に立つとかも必要なのではと思い始めたようです。
好調を続けたい

「夢をあきらめないで」という意味を考えてみる

夢をあきらめるなと成功した方が頻繁に言います。それを聞いていて「あきらめないでいよう」と思います。もしかしたら可能なのかもしれない・・・と、そんな勘違いも起こしやすいのがコレ。この言葉の真意をしっかり叩き込んで彼らの勧めに沿えるようにしたいですね。
タロットな雑談

タロットの魔術師は「乗り気に注意」

魔術師は変調するカードです。だから流れをつかんで吉運へ向けるのが結構難しいの。上手くやった人は、そこから良い展開にもちこみ、ときには運命的な縁までつむいだ例もあります。感情が強い人ほど見分けが難しいカードの、私の失敗例から学んでください。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました