魔術師とは

スポンサーリンク
タロットな雑談

タロットの魔術師は「乗り気に注意」

魔術師は変調するカードです。だから流れをつかんで吉運へ向けるのが結構難しいの。上手くやった人は、そこから良い展開にもちこみ、ときには運命的な縁までつむいだ例もあります。感情が強い人ほど見分けが難しいカードの、私の失敗例から学んでください。
タロットな雑談

スパッと切り替えた先の展望

ついつい良いと思い込んで「進める方向は決めてあり」、方法と対策から占うこともあるでしょう。ただ、それが悪くて丸損した時間を悔しく思うことも多々あります。後で気づくと嫌でしょう。凶運探しも楽しむくらいにという勧めです。
スリーカード

驚くほど当たるタロットの時間設定スリーカード

時間設定のスリーカードが上達すると、身近な気分や問題や最高の状況が「まだ続くか」わかるでしょう。身近に使えるとても重宝する占いです。昨夜からまた高い壁がきて息が詰まりそうなので、この状態が続いてしまうのか占ってみました。
ぷちタロット練習

魔術師と女帝の運を引き出せた人に倣おう

魔術師と女帝に最善の判断をして結果を引き出した実例です。魔術師の対処が難しい理由や、女帝のリアルな例を参考に意味を感じてほしいです。
スリーカード

タロットを信じて「女教皇の対策を試した」

女教皇は物静かで知的なカードです。動きが突然でるようなインパクトはありませんが、確実に正しい対応をすると良い運が浮かび上がってくるのは間違いない。活用次第で問題を解決したり、良い流れが出来上がります。
スリーカード

最悪の逃れ方と魔術師で婚活成功できる可能性

スリーカードで今後を占い是う某的なカードが3枚出てしまったとき、凹んでしまうかもしれません。けれど、もしケルトで占ったときに良い展開がでていたとしたら、そう簡単にケルトは変わらない。では、スリーカードとケルトの違いをどう読むか。正しく読み解き成果を向かえるよう解説します。

タロットな雑談

特例的な意味を持つカード「魔術師」

魔術師は、そもそも微妙なカードです。白黒はっきりするばかりが占いじゃない。的確に魔術師が示す「その微妙な状況からも吉運にする」のが本物です。変わりやすい状況をうまく吉運にするユーザーは増えています。今回は、それに加えたI特例意味を紹介します。
スリーカード

ポピドンヨードのうがい薬の効果と「タイミングは今じゃない?」

吉村府知事のお願いとしてポピドンヨードのうがい薬を試してみるよう記者会見をしました。波紋を呼ぶとか、疑問だと取り上げられています。Golden Dawnは発表のタイミングと効果をどう示すでしょうか。占った結果です。
スリーカード

時間の「つなぎめ」を占う方法

転職でも、引っ越しでも、食材でも、つなぎ目があるでしょう。それが上手くいくかを尋ねる問いを覚えましょう。例は、私の無くなりそうな目薬ですが、中身はどうであれ参考にできます。最後の皇帝が示す結果も納得してもらえるはずです。
スリーカード

倒産のうわさがある会社の今後

今回は倒産の危機と噂される会社についての占いから、自分以外を占うときの実例にしましょう。また、魔術師の対策が自分に必要になった時の参考にも出来ます。吊るし人の未来を正確な文言として訳せるよう解説します。
2020.05.21
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました