皇帝とは

スポンサーリンク
タロットな雑談

コロナで大変「今後やっていけるか」 (後)

皇帝がでているときの実力発揮の方法をしっかり身につけると、どんなことも自信がでます。頑張れたという自信になるでしょう。その後に続く棒のカードが、どういう現実を言い表しているかも十分に実感してもらえる結果でした。対策もバッチリ訳したので力にしてほしいケルト結果です。
ぷちタロット練習

ぷちタロットで八方塞がりを脱出せよ

自分が決めたことを進める時に「ちょっと待てよ」とチェックすると、絶対に良いと思うことに意外な凶運がでていたりする。それを回避できたら嬉しいことになるでしょう。小さな凶運を無くす方が、良い心がけを実行するより運が変わる手ごたえが出ます。
スリーカード

使い慣れよう「時間設定スリーカード」が便利

いつまでに叶えたい。この惨状がいつまで続くか。どんな時間を決めて結果を知りたいときに、タロットでは無効となることが多いです。タロットでホロスコープや一日法以外の個々の案件で時間を決めた結果を知るには独特の感情査定が大切になってくる。それに慣れるとスリーカードがもっと活用できるから練習しましょう。
スリーカード

タロットで皇帝の最終結果を実現へ

達成せねばいけない課題をお持ちですか?もし、あれば目標達成の最終的な結果をケルトやスリーカードで占い、見通しをつけるのも大事。皇帝の困難について解説しています。それから最終段階だけでなく、目の前の課題を個々に占えばサポートにもなるでしょう。
一日法

皇帝で新たなオマケがでる対策発見か「試すこと推奨」

皇帝が一日法にでていた昨日、リスクは覚悟で実行すべきことがありました。皇帝には乗り越えるための力が必要とされ時に辛い場合もあるのは承知。しかし、それを承知し覚悟を決めて進める過程でふと発見した皇帝の新たな可能性のお話です。
スリーカード

自覚がない不安を問う時の「現在の読み」と皇帝の解釈

同じストレスを占う時でも、辛いストレスの今後を占うのと、自覚がない状態で占うのとでは現在の読みが随分と違います。自覚がある問いと、そうでない問いについて考えてみましょう。
ぷちタロット練習

「吉運の芽」小さな不安や迷いを貯めずにスッキリ歩もう

自分の意志をとにかくGolden Dawnに聞いてみる大切さ。会話していると道を示してくれます。私も身近な業務についての迷いをスッキリできました。そのときの会話を書いておきますので参考にね。
スリーカード

棘の道しか出ないときの対処法

難しい問題に直面しているとき、その状況と内容によっては、ぷちってもスリーカードでも皇帝が連続して出たりします。皇帝は悪いカードではありません。ただ挑戦するかどうかを決める目安を書いておく。そして良い選択が見えないときのヒントも書いておきます。
ぷちタロット練習

リスクを覚悟で実行できないこと

部屋にこもるお隣からの煙。喉はヒリヒリ。絶対に自分は間違っていないと思う時も、確認してみると指示がまったく違うこともあります。読みは合っている。ぷちタロット占いの指示も間違ったことがない。そんな時のちょっとした葛藤と、皇帝や節制を解説しています。
スリーカード

時間の「つなぎめ」を占う方法

転職でも、引っ越しでも、食材でも、つなぎ目があるでしょう。それが上手くいくかを尋ねる問いを覚えましょう。例は、私の無くなりそうな目薬ですが、中身はどうであれ参考にできます。最後の皇帝が示す結果も納得してもらえるはずです。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました