死神とは

スポンサーリンク
タロットな雑談

人生は難しいもの「だったら目指してみましょう」

人生の不運はカードに現れ、それに的確な対処をすれば好転する。だからタロットは面白い。今日は、死神の好転策を見つけてくれたかたのお話と経緯を書いておきます。私たちも苦手なカードにチャレンジしましょう。
一日法

一日法が悪かった日の失敗がでた

一日法がずっと悪いとき、日々のカードは違っても悪い原因があったりする。また、その中に単発的な問題も含むなど重複もあります。私の場合は、力の日に死神の日に犯したミスの結果が出たりした。力がでたときにはすでに犯しているミスもあるという例です。
一日法

死神の運をいじって変えよう

絶対に必要な予定が決まっている日に一日法が死神。根本転換を示唆しています。そういうときにピンポイントですぐに対策できるとは限りません。ヒントが浮かぶように過ごす方法や、実際の変更点を残しますからイメージを受け取ってください。運は日々、そこら中に落ちてます。拾い集めましょう。
ぷちタロット練習

ぷちタロットの対策は万人に吉運となる

自分の選択肢をみつけたいとき、最初の発案が「世界」だった場合、もう一押し双方にベストな案があると思おう。良い案をみつけるために掘り進めてみた私の身近な実例タロットです。
一日法

死神でも運は上げられる「喜びを生もう」

死神というと印象が悪いのは当然かもですが、どんなことも表裏一体で運をあげる鍵なのです。そうでないと死神の意味がありません。行き詰まりは解消してなんぼ。死神の対策だけでなく、悪いカードを変える意味がどこにあるかを解説します。
スリーカード

憂鬱が「まだ続くのか」タロットの時間設定を活用せよ

憂鬱や悲しみやマイナスな発想にとらわれ意欲がでないとき、「どうしたら良いんだろう」となるでしょう。でも、どうするかを考えられない心境をそのまま活用して「時間設定スリーカード」で、いつごろまで続くのか、意外と早く買い素くするかが占えます。そして対策も読めるのです。時間設定スリーカードを使う実例です。
スリーカード

大統領選から学ぶ「恋人の助力と死神の怖さ」

5日前に大統領選の速報を見たときは、トランプ大統領が躍進していてTVのコメンテーターも「このまま勝ちそう」な話になっていました。そこでトランプ大統領がこのまま勝つかと占うと未来が死神。そのときは、とても負ける勢いではなく死神で勝つとかありえるのかと思ってみていました。結果はばい煙候補の勝利。恋人の助力と死神の怖さ。その両方について学べる良い機会でした。
ケルト練習

晩年に財運があるといわれたが本当か(後)

ケルトで晩年の財運があるといわれたことが本当か。その最終結果は、佐藤流の小アルカナルールの中で「審判特別ルール」でした。周囲には何の助力もありませんが、結果の読みは驚くべきものです。学びましょう。
ケルト練習

新庄剛志さんがプロ野球選手になれるか(後)

新庄剛志さんがプロ野球選手を目指してトライアウトを受けますが、合格の可能性がどれくらいあるか最終結果を訳します。結果の厳しさは彼がよくわかっているようですが、それに対しての取り組み方はお手本になると思います。棒10が最終結果の時の読みを書きます。
スリーカード

耳の裏のズキズキ「もうそろそろ治るか時間設定スリーカード」

体調不良で現在に死神がでるとき、症状と対策を覚えておきましょう。また、過去に愚者の場合、怠慢がなかったか、ずるずる放置はなかったかのチェックもしておこう。未来の女帝が示す意味も解説します。
2020.09.06
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました