死神とは

スポンサーリンク
タロットな雑談

運をよくするって「こういうことよ」

正しい対処をすると運は必ず近いうちに現実に効果を感じます。中には小さな日常のことからアップできる場合もある。そのほうが多いくらいです。行き詰まりを感じていないときに、行き詰まりが示されても無視せず、指示に従ってみたら得られた快適さの実例です。
タロットな雑談

死神って本当はスッキリ気分爽快かも

死神が行き詰まりで根本転換により幸運に転じることは、わずかに実例がありますが、実際に完璧な転換をするのが難しいのよね。私も「出来た」と胸をはれずに、データはユーザーさんの実例ばかりです。でも今回の死神で初めてスッキリを得たので書いてみるね。
一日法

死神の日は確認して進もう「Wチェックの方法」

死神は怖いでしょうか。でも凶運に正しく目をつければ運も変わる。Wチェックの方法を使って流れを良くしましょう。
スリーカード

策を打ったら未来を再確認しよう

対策を考えて実行したことも、本当に功を奏していくのかスリーカードで再度チェックすると良いですよ。私は通信に関して問題がでていたのでパソコンの設定を変えて一度はつながりましたが、翌日から同じ症状がでています。使いやすいスリーカードで気になることを適度に占いデータを取っておくといいよ。
タロットな雑談

人生は難しいもの「だったら目指してみましょう」

人生の不運はカードに現れ、それに的確な対処をすれば好転する。だからタロットは面白い。今日は、死神の好転策を見つけてくれたかたのお話と経緯を書いておきます。私たちも苦手なカードにチャレンジしましょう。
一日法

一日法が悪かった日の失敗がでた

一日法がずっと悪いとき、日々のカードは違っても悪い原因があったりする。また、その中に単発的な問題も含むなど重複もあります。私の場合は、力の日に死神の日に犯したミスの結果が出たりした。力がでたときにはすでに犯しているミスもあるという例です。
一日法

死神の運をいじって変えよう

絶対に必要な予定が決まっている日に一日法が死神。根本転換を示唆しています。そういうときにピンポイントですぐに対策できるとは限りません。ヒントが浮かぶように過ごす方法や、実際の変更点を残しますからイメージを受け取ってください。運は日々、そこら中に落ちてます。拾い集めましょう。
ぷちタロット練習

ぷちタロットの対策は万人に吉運となる

自分の選択肢をみつけたいとき、最初の発案が「世界」だった場合、もう一押し双方にベストな案があると思おう。良い案をみつけるために掘り進めてみた私の身近な実例タロットです。
一日法

死神でも運は上げられる「喜びを生もう」

死神というと印象が悪いのは当然かもですが、どんなことも表裏一体で運をあげる鍵なのです。そうでないと死神の意味がありません。行き詰まりは解消してなんぼ。死神の対策だけでなく、悪いカードを変える意味がどこにあるかを解説します。
スリーカード

憂鬱が「まだ続くのか」タロットの時間設定を活用せよ

憂鬱や悲しみやマイナスな発想にとらわれ意欲がでないとき、「どうしたら良いんだろう」となるでしょう。でも、どうするかを考えられない心境をそのまま活用して「時間設定スリーカード」で、いつごろまで続くのか、意外と早く買い素くするかが占えます。そして対策も読めるのです。時間設定スリーカードを使う実例です。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました