正義とは

スポンサーリンク
ぷちタロット練習

タロット占い「趣味や日課の良い頻度を見つけよう」

自分では意味がないから減らそうと思った趣味や日課があるなら、勝手に止めずに占うほうがよい実例です。占ってみると減らすどころか、このまま頑張る甲斐があるのです。止めると続けるでは運が全然違う。そういうことがある。ぷちタロットの正義・力・太陽の解説も参考に!
ぷちタロット練習

同じ成分の薬「正義と恋人」では効能も大違い

薬や化粧品や食品など何でもそうですが、普通に進めるようなことに時々「凶運」が隠れていて、あぁミスったと後悔することもある。そういうことを事前にチェックし外していくと運が増します。それに勿体ないことも減りますよ。選択肢を見つける過程を楽しむのもありな、ぷちタロットのお話です。
ケルト練習

心に響く答えがでた友達との今後「審判と剣7」

ケルトで大アルカナ満載で究極に厳しい状態から、想像を超えた動きになる未来もある例です。自信をもって結末をお届けできる戦車と審判の実例読みから学んでおこう。初めて自分に出た人も迷わず読める実データがある例です。
スリーカード

自分の現状をハッキリさせるスリーカード活用

スリーカードは、未来を知りたい時だけでなく、現状を知りたいときにも使えます。現状の自分がどうか、良い状態かを確認すれば落ち着く場合もあるでしょう。また、未来が悪い時には現在で変えられるのがスリーカードです。月で読むべき対策や未来の予測を解説しています。
スリーカード

運が良い選択をどうやって発見するか

まだ始めていないけれど、これから始めようと思う件をスリーカードした結果です。その場合は正義は実際に過去ではないし、愚者の怠慢系も鍵と読むかの選択が要になる。これから始めることの吉凶を読むややこしい点を補足しておきます。
スリーカード

厄介な対応は段階的に完璧とする

問題が起きたとき、困った人が問題を起こした時。どちらにしても「許容範囲ならやりすごしてしまう」ことも多いのでは?でも、双方に良い正解な対応からは運がアップしますが、単なる我慢からは運がアップしない。運アップを狙いながら納得した対応ができる手順を紹介します。
スリーカード

変化の日時がわかるスリーカードで「辛い症状を占おう」

頭痛でも対人関係でもなんでも「我慢がつらい」と思うなら、この状況が「まだまだ続くのか」。「もう、そろそろ」良くなるのかを期限付きで占うことが出来ます。そのコツをつかむと応用範囲が広く、身近な困りごとの解決がどんどん可能になるでしょう。女帝を悪い原因として読む場合の解説をしておきます。
一日法

正義は「ヒエッ」となるから冷静に

一日法で正義が出た日のお話です。前日から進めたかった予定がNGだったのは単にお天気が雨だったせいだと朝には思ったけれど、正義はそんな甘くはありません。そう再確認したお話です。正義の「冷静に」は、女教皇の「落ち着いて」とは全く感じ方が違うのを比べて書いておきます。
ぷちタロット練習

ぷちタロットして決めたら後悔なし

ぷちタロットは簡単な選択をしっかり占っておくことで航海が減る占いです。パパっと決められることでも、案外、吉凶が違っていると知るでしょう。バッチリ選別して進めば悪いことにはなりません。正義の解釈とぷちタロットのやりかたを書いておきます。
スリーカード

落ち着きと穏やかさの女教皇的未来

苦にしていることが、正義の厳しい状態から、世界の平和な状態になり、落ち着いた女教皇に至る。その経過を各カードの詳細から実感してみましょう。問いはコンタクトが合わないと感じる辛い状況から脱する方法はあるのか考えたものですが、希望と落としどころの発想に使えるでしょう。理想と現実が読める実例です。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました