コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

正義とは

スポンサーリンク
ぷちタロット練習

解釈が正解かをぷちってみた「アドバイスの悪魔」

ぷちって対策をしようと考えても、何もかもが悪く出て途方に暮れるか腐るときもありますね。何もできない時だから、出来る占いが希望実現法です。それを不意に思い出した方が目標達成へ何からすればよいか分かったお話です。
一日法

節制のアドバイスカードで死神回避

死神や力や悪魔など気になる凶運が一日にでたら、分析するとよい。そう対処するかのアドバイスカードだけでも良いですが、どういう類の問題か推測しやすくなるでしょう。今回は節制のアドバイスについて解説しておきます。
スリーカード

現在の吊るし人を読む鍵は2パターン

微動だにしない状態で苦しい現実があるとして、それが吊るし人ならば2つのパターンがあるでしょう。現在に出た吊るし人に対して待つべきか、何をすべきかを考えていく解説です。最終結果の節制から、節制の真意もつかんでほしいです。
一日法

正義の凍結に気づくのが難しいわけ「実例付」

正義が一日の運勢にでていたり、ホロスコープに出ているとき、それを未然に防ぐのは相当に勘が良いユーザーでないと難しいのです。回避する価値が高いカードのひとつです。なぜ正義が回避できないのかを私の身近な実例で解説しています。参考にしてね。
ぷちタロット練習

凍結そのものが正義「その実感と対応策」

正義は、ぷちったときの対応を知っていても、リアルな日常に起きていることはつかめていない人も多そうです。ちょっとした違和感がある相手も含め、何が起きるか・どう対応するかを知っていることが重要です。知らないと凶運は続く可能性があるカードなのです。
スリーカード

過去から未来まで完璧に悪いときの「吊るし人対策」

スリーカードをして全てが悪いカードのとき、悪い状況をそのままに出来ません。悪いカードの吊るし人をアドバイスにするとき最善の対策は何か。また、正義はどんなことになるのか予想してみます。全部ダメから、どう運ぶか覚えてほしいです。
ぷちタロット練習

正義と死神を比べて学ぼう

ぷちって出る死神と正義は実際に起きてくることは似ています。それでも語句は区別している。その微妙な違いと共通点を解説しています。
ぷちタロット練習

ぷちタロット占いを重ねて吉運を進めよう

一概に吉運の日でも何もかも吉運ではなく、自分が選ぶ方向が間違えば不運や不快は感じてしまう。せっかく良い日はベストの選択をしたいでしょう。ぷちタロット占い応用の方法と流れを書いておきます。
2020.05.17
ぷちタロット練習

「ぷちタロット占い」気持ちを素直に聞くと良い。

ぷちタロット占いをしているとホントに想像と現実の違いを実感し、いかにも正解と思っていることでも確認して損はないと感じます。私が意志や疑問をぷちりながら過ごした身近な出来事を書いておきます。
スリーカード

受難を占う時の正しい問い作成

受難や問題を占う時の問い作成についての実例です。周囲の動きに期待するときに、どう問いを立てるかを学びましょう。私の身近な騒音問題ですが、別の問いでも応用できます。
2020.05.17
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました