棒8

スポンサーリンク
ケルト練習

オリンピックは開催できるか(1)

Golden Dawnタロットは実感を記憶して占うカードです。オリンピックが危うい状態で剣8や剣Aをリアルに感じることで習得し、自分の運にも活かしてほしく解説してみました。これらのカードに合う行動を取れば確実に進歩できます。感覚で覚えれば決して難解ではありませんよ。
ケルト練習

同じ件を二人が占った例(2)

ユーザーさんが占ったスリーカードと、私にご依頼いただいた同じ問いをケルトしたものを比べて解説します。本当によく似ていると自信を持っていただくと嬉しいです。
2020.05.17
無料で読めるもの

ゴールと幸運に向けて7番を確認しよう

ケルトの7番にくるのが小アルカナの場合は、意味が弱くなります。それは、どういうことなのかを意味の読みと、吉運を増す可能性にも触れて解説しています。
2020.05.23
ケルト練習

順調に交際が続くか(相手側)前半

現在と過去の位置の読み方練習になるよう書きました。そして棒7や棒9のイメージと、金貨2の気持ちも感じてほしいです。
2020.05.17
ケルト練習

聖杯5で忘れてはならないこと

聖杯5は、良い意味でも可能性があると単に読んでしまっては痛い目にあいます。聖杯5の良い意味を的確に理解して、状況を悪化させないよう解説します。ホロスコープに出ていても重要なポイントです。
2020.05.17
ケルト練習

経営不振の店舗の先行き(前)

現在に審判がでていて、良い空気があると、問題がよくなってくれると甘い発想で読んでしまう初心者は多いと思います。けれど、それではキッカケを逃してしまう可能性もあります。審判を正しく読むことは大変重要です。
ケルト練習

早く治したいという希望への答え2(後)

ケルトの場所による読み方の練習と、棒2や剣Princeのニュアンスを感じられるように解説しています。問いの「早く治るか」という要求に対する答えがしっかり示されている実例です。
2019.03.25
ケルト練習

棒8のコミニケーションとは、どういうことか

習い始めはインパクトが強い剣のカードを早く体感するでしょう。しかし、棒について悪い印象が少ないのか、慣れたころに対処が出来ずに痛い目に遭う頻度が増えています。棒8をしっかりマスターできるよう解説します。
タロットな雑談

波を逃さないコツ(^◇^)

いつも絶好調とはいきませんが、流れをよくするヒントはホロスコープに大抵あります。私が、気づくと上手い流れに乗っていた実例を2つ書いておきますので参考にしてね。
2020.05.23
ケルト練習

仕事のストレスに対処するコミニケーション

仕事の研修期間や覚えるまでの不安ってないですよね。その上、上司がイマイチだと続けることも難しくなってきます。そんな状況を乗り越える棒8のイメージを解説します。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました