星とは

スポンサーリンク
スリーカード

ユーザーの輝く可能性が見えたのは勘違いか占った

数年に一度の「見えた」という確信があったけど、それも勘違いかもしれません。確認の為に勘違いか否かを占った結果です。この問いで各カード意味をしっくりするよう訳してあります。参考にしてください。もちろん、結果も楽しみにね。
ケルト練習

晩年に財運があるといわれたが本当か(後)

ケルトで晩年の財運があるといわれたことが本当か。その最終結果は、佐藤流の小アルカナルールの中で「審判特別ルール」でした。周囲には何の助力もありませんが、結果の読みは驚くべきものです。学びましょう。
スリーカード

タロットで皇帝の最終結果を実現へ

達成せねばいけない課題をお持ちですか?もし、あれば目標達成の最終的な結果をケルトやスリーカードで占い、見通しをつけるのも大事。皇帝の困難について解説しています。それから最終段階だけでなく、目の前の課題を個々に占えばサポートにもなるでしょう。
ぷちタロット練習

ぷちタロットで一日の予定を吉凶から決めよう

目標の達成には時期が意外と関わります。運が良い時に実行すると、それだけ順調に行くでしょうし、自分自身の頭の回転や行動への直感で選択肢も優れているはず。一日の予定やひと月の目標を「したい」と決めたことから運を計っていくと良い。土日だけでも色々できるはずです。
ホロスコープ

良いと出ていたのに良くない「可能性を現実にする対策」星編

運勢が良い、吉運だと出ていたら、それを現実にするためヒントを読みまくりましょう。そして実行する機会を作り出すべし。悪い運も、倍返しのオマケがついたりするからビビりながらも見つけて処理することよ。星の可能性を得られていない人のお話です。
ぷちタロット練習

星をもっと信じても良かった体験

今日は今にも降り出しそうなお天気で、重くなる予定の買物なので、傘をさすのは厳しい。そこで「傘を持っていかない」と意志をぷちりました。すると大丈夫と言わんばかりの星。どうなったでしょうか。私の身近な体験です。
スリーカード

最強の吉運「審判」を喜んで終わりにしないこと

努力していることがあれば、時間設定ありのスリーカードをしましょう。自分の希望を当てはめて問いを作れば、希望通りの展開になるかわかります。ダメでもヒントがあるでしょう。今回は現在に審判がでたときの重要な読みを解説しました。
スリーカード

星がでたら四の五のいわず取り掛かる

星がスリーカードの最後にでたのもあり、問題の解決をするために考えて進めてみました。星がでれば希望であれ、問題解決であれ、アイデアと行動が鍵になるのです。私の身近なことを書いておくので「こんな感じなのね」と倣ってください。
2020.05.17
スリーカード

可能性を現実にする「世界の対策」

世界がスリーカードで中心にでたときの正しい読みをキッチリ覚えましょう。なんとなく覚えていると重要な時に困ります。塔と世界のホロスコープとは違うスリーカードの読みを解説します。
一日法

一日の感覚を比べる「星vs戦車」

初心者が出たカードをもとに一日をすごしてカードを体感していく大切さ。戦車と星のリアルな現実とは何か知り、運勢に出たときに何が起きそうか感じ取る。そんな参考になればと思います。
2020.05.17
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました