カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

愚者とは

スポンサーリンク
ぷちタロ練習

最高のリセットをする方法

愚者の意味や、これがでているとき、もしくはモヤモヤと意欲に欠ける愚者の心境に近い時に絶対プラスに活かすコツを書きます。
2020.07.07
ぷちタロ練習

リセットボタンとポーズボタン

先日、適当な人間に振り回されないように、 今後の対応についてスリーカードに意味をもたせました。 追加で、『世界』と『愚者』について書きます。 世界と愚者は、Golden Dawnでは似た意味です。 衰退の回避(弱)というグループになりま...
2020.07.07
怠慢・ぼんやり

大失敗につながる怠慢系の意識

愚者や聖杯7や聖杯8という怠慢系が出ているときは、 運勢の中で、一番厄介で一番恐ろしいと実感します :gya: 改善しようにも、自分が見ている方向や意識していることが、 まったくアテ外れで見るべき方向を無視していたりする。 だか...
2020.07.07
ぷちタロ練習

偶然の流れの中で動きを変えて吉運を呼ぶのが「愚者」です

良い発見をしたら終わりではなく、そこから始まる流れがある。そこで苦労をしても全うしてゴールまで進みたい時、愚者が連発したらどうでしょう。愚者を活用して吉運へとつなぐ方法を書いておきます。
ぷちタロな雑談

自分頼みの切り替え必須カード

一日やホロスコープに愚者がでていたら、知らぬうちに時間や転機を無駄にしていることが多い。愚者の適切な応用で良い流れも引き寄せられる実例です。
2020.05.23
ぷちタロな雑談

愚者が答えに出た場合のチェック

何か進めたいという意志をぷちタロして答えが愚者だったとき、答えを得るほうほうを解説しています。カードは、白黒ハッキリさせるカードばかりじゃないのは佐藤流心構えにも書いてありますよ
2020.05.23
ぷちタロな雑談

愚者の真意を受け取り飛躍

愚者の意味を知って入るでしょうけども、現実から拾うのが至難の業。それが発見できたら変化につながっていく自分ができる例を身近なことから解説しています。
2020.05.23
ぷちタロな雑談

運を回す切り替えかた

愚者が出たとき具体的に何が求められているかを知ると、やる気不足の原因や運を滞らせている自分の発想に気づけます。愚者の気分一新やリセットについて身近な実例で解説しています。
2020.05.23
ぷちタロな雑談

地震に備えるべきか調べる

地震に関する情報を見ていると、急に備えの大切さを思い出し、 備蓄を見直して色々と考えてみたりしました。 いつ起きてもおかしくないのが地震です。 阪神淡路大震災のときがそう。関西で地震なんて考えてなかった。 缶詰は、食べてしまわな...
2020.05.23
怠慢・ぼんやり

頭より体を動かせ『愚者』

未だ、今月に入って一日法がよくないカード続きです。 でも、そろそろ良い流れになり、嬉しい知らせも届く予感。 なぜかって、対策をとって2日目になったからよd(^-^) どんな運気も、良い流れにする粘り強さ3日目には成果が出る。 それは...
2020.05.23
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました