悪魔とは

スポンサーリンク
スリーカード

運が満ちるまで待つのも努力のうち「悪魔の対策」

希望実現が叶うと出たら、努力はしたいと思うでしょう。しかも具体的な人物像まで出ているとなれば探したくなる。けれど探してはいけない運でもある。運は、そもそもあるのだから流れを変えないで何ができるでしょうか。試行錯誤した身近なお話から参考に出来ることがありそうです。
ぷちタロット練習

ぷちタロをする目的は運アップ「選択による吉凶変化」

ぷちタロットの良い点は、自分が行痛いことや止めたいことなど「よかれと思う意志」に対して忖度なく吉凶をだしてくれる点です。その先にある目に見えない運を教えてくれます。運は気にするか気にしないかに関係なく存在していますから、意志を確認するのは500円玉貯金くらいに積もり積もります。
ケルト練習

オリンピックは開催できるか(1)

Golden Dawnタロットは実感を記憶して占うカードです。オリンピックが危うい状態で剣8や剣Aをリアルに感じることで習得し、自分の運にも活かしてほしく解説してみました。これらのカードに合う行動を取れば確実に進歩できます。感覚で覚えれば決して難解ではありませんよ。
ぷちタロット練習

ぷちタロット的中の要を思い出そう(2)

ぷちタロットは簡単だけど的中する占いです。しかし、背景をしっかりメモるかメモらないかで「神様のメッセージ」と感じるレベルに深みのある答えが得られる実例です。たった2つの選択肢を問うた占い結果ですが、その違いを私の身近な例で確認してもらえます。
ホロスコープ

年末年始の体調に黄信号の「悪魔」

タロットで悪魔がでたときに、健康面でも懸念を読むときの実例です。悪魔で読む基本的な意味と、悪魔で読む年末年始独特の多い実例を解説しておきます。注意で回避できるから頭に入れて置きましょう。対策は常備薬です。
ぷちタロット練習

年末のぷちタロット「小さな運を拾おう」

年末年始のバタバタの中で、小さな運をチェックせずに不運を増やしているとか、運を逃しているとか。絶対に嫌ですよね。大掃除一つとっても占ってみると、大きな運の違いがありました。身近なぷちタロットの実例を書いておくので、自分なりにやってくださいね。
一日法

随分とツキが増える「悪魔の対策」を実行してみよう

悪魔がでているときには用心していると思うけど、巡り合わせが悪い日という意味です。だから自分がいつも通りの行動を変えるなど巡り合わせを変更してみる発想が役立ちます。自分が望むことの裏に、悪い縁があるかもしれません。悪魔を好転させると本当に気分が良いと知りましょう。
一日法

状況に合う対策は「すぐ動きが出る」実例

不安がでている月には、一日法の悪魔が助けになることもあります。悪魔が何を勧めているか、どう気をつけるべきかを知っていれば、問題を好転させるきっかけになる。対策を占い実行した直後にでた「避けるべき相手」を悪魔が教えてくれます。
タロットな雑談

タロットの指示を守ると行き詰まり突破

占い結果が悪い時。困難突破ができない時。良くない状況が続くとき。それを嘆くだけでは勿体ない。サッサと自分の方向性や行動をぷちタロットでチェックしましょう。ベストな選択をしているつもりが大間違いってことあり。延々と突破できなかった状況を変えられた身近な私の実例です。内容を自分の状況に変えて考えてみてね。
ぷちタロット練習

ぷちタロットで占うと好転は早くなる

現状突破したいにも関わらず、努力しても努力しても突破できないとしたら、向いている方向・探している方向が違っているかもしれません。時間と労力を無駄にしないよう、適当なところでチェックしてみること!チェックの実例を書いておきます。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました