女帝とは

スポンサーリンク
落胆・しんどい・不安

現実を鎮めて未来を開く

現実の厳しさを表す土と豊かな感受性と良識を表す水。力と女教皇の対比を感覚で受けとってもらえるよう書きます。そして起きた問題に対して女帝が出た時の最終結果と、それに至る対策として何をすべきかを女教皇から読み取りましょう。リアルな現実に大変役立つカードです。是非、購読してください。
ぷちタロット練習

一番良いタイミングと運と効果を見つける

ぷちタロットができるか否かで日々の吉運選択は大きく違ってくる。それは自分がよかれと思う選択肢がしばしば凶運だとでて納得できるところです。推し進めて失敗したり、体験から失敗を避けたり、指示に沿ってラッキーを得るのを覚えたりできる。今回は戦車と女帝を応用範囲を広げて絶妙な解釈になったパターンです。
ぷちタロット練習

進めるとリスクあり/進めないと凶運「どうするか」

白か黒か。二者択一で「実行か否か」を占うと、どちらも運がさほど良くないときがあります。今日の実行はリスクがあり、明日以降ならもっと凶運な場合、リスクを回避できたろうに案の定ダメだった身近な実例です。もっとよく考えたら気づいたのにという例です。運は日々の小さな気づきからです。
ぷちタロット練習

身近な不調や気重は自分で占う「占うコツ」

モヤっとした気分、不安な気分など悪化しないうちに流れと対策を得ると良いでしょう。その際に複合的な問題の場合もあります。頭が痛いけど胃もたれも頭痛もするとか、仕事以外に上司も待遇も不安とか。的確な問いをするほど的を得た対策がでるからやってみましょう。記事を参考に問いを作って占ってみよう。
ホロスコープ

女帝から芽吹く幸せの感覚

女帝から得られる幸せ感を実感すると、このカードからウルっとくる喜びや幸せも感じられ、感謝の念から運が広がるカードだとより実感したところです。女帝の一般的な読みと、家庭運にでたときの読みも参考になるお話です。
ぷちタロット練習

消耗品の選択で未来は変わる

買う物ひとつとっても適当に買ったものより、吉運がハッキリしているものは良い。美容や健康やその他、多方面で後々「これでよかった」という証明みたいなことがよく起きます。しかし、以前よかったから使っても、次の購入はNGで変えたほうがよいっこともあるの。今回は星と女帝の選択肢にあう読みも解説しておきます。
スリーカード

軽い体調不良はスリーカードでチェック「運命の輪の処置」

運命の輪は、それ自体で吉とも凶とも読まない周囲との関係が重要視されるカードです。今回のように真ん中にあると、今が起点になり区切りをつけるよう意識すべきと読める。詳細な読みと、時間設定した際の結論を書いておきます。
スリーカード

気分が良くないのと運は別物「運を見よう」

運を落としそうな、運が良いとは感じない気分ってあります。だけど、それはあくまで気分であり「運は違う」ことだってあるわけです。本当に悪い影響の気分と、運を上げてる途中の気分を見分けるために運の流れをメインに占うと良いです。新たな視点で気分がスッキリした身近な実例です。
スリーカード

視界が開ける体験ができる

複雑な状況下で、どう接して良いのかわからなくなるときがあります。そんなときに役立つ占いと女帝や節制の解釈を書いておきます。正しい読みをすると、きっと迷いが晴れて自分の立ち位置が見え、揺らいだ気持ちは消えるでしょう。
スリーカード

変化の日時がわかるスリーカードで「辛い症状を占おう」

頭痛でも対人関係でもなんでも「我慢がつらい」と思うなら、この状況が「まだまだ続くのか」。「もう、そろそろ」良くなるのかを期限付きで占うことが出来ます。そのコツをつかむと応用範囲が広く、身近な困りごとの解決がどんどん可能になるでしょう。女帝を悪い原因として読む場合の解説をしておきます。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました