塔とは

スポンサーリンク
スリーカード

婚活で詐欺師を見抜いたキッカケ

スリーカードで知りたいことを占うのは良い。しかし、どんな占いも出た答えの中で「現在」を重要なポイントとしてとらえましょう。そこには必ずヒントがあります。ヒントを守り、なんとなく占ったことから詐欺師を発見して難を逃された実例です。
セフィロト

相手の本音をチェック「詐欺の典型」

出会い系サイトの被害者がTVで犯人を追い詰めるのを見たことがあるけど、ほんとにいるんですね。うちのユーザーでは初でした。違和感がある相手との今後を占う時に、上手くいってる感じなら、その背景から相手の本音を占うとセフィロトは使える展開法ですよ。詐欺師決定な相手をどう読んだか実例を参考にしてね。
ホロスコープ

未来を選択する分岐点を表す

突っ込みどころ満載の運でも、大切なことは「自分が選べる」とわかっているか。多分、それに気づかず諦めることが多いです。運を知っていれば不運や不安から現状維持したり、自分の先入観で固めている現状から脱出することが可能。そんな展開を学びましょう。
2021.06.03
ホロスコープ

悪魔で出るおもろい家庭運のミス

凶運がでたときも詳細なデータがあります。小さな凶運でも注意力を発揮して事前に見つけたらどんなに素晴らしいか。きっと気分は最高ですよ。そりゃ運もやる気も上がるでしょう。しかしわかっていたのに当ててしまうのもある。注意力の度合いが弱かったと自覚したお話です。次は変えてやると思うことが大事。
一日法

吉運に転じたつもりがハマってた話

誰にでも「ないことがない塔の日」。占っていようがいまいがあるのは確かな塔らしい日。けれど塔がでているからと適切な注意をしていれば回避して吉運に転じることはあるのです。残念な失敗談ですが全力で役立たせましょう。ミスったユーザーさんの報告です。
一日法

慌てるとバツが悪いこともある「塔の日」

塔の日に起きた、いえ起こした小さな塔らしい失敗のお話です。小さなことで「塔らしさ」を体験するのは良いことです。もっと大きなことを回避するイメージが出来ますよ。塔の日は慌ててはいけない。良い教訓を読んでおこう。ちょっぴりおマヌケな塔のお話です。
スリーカード

災難がまだ続くか「終わるか」 (1)

一年の運や毎月の運で出た気になる箇所が、残りの期間にどうなるか。気がかりがさらに襲ってくるのか、まだ期間が残っているけど終了なのか。気になる箇所の残りを予測できる占いをしてみましょう。家庭運の悪魔で連続して続いた不運に加え、まだ不運があるか、終わりかわかりました。自分のも占ってみてね。
タロットな雑談

休息が必要という勘違いに気づく

自分では、頭が疲れているから一旦休めて出直すほうが絶対に良いときと感じていた。けれど、占うと意外にも中断するのが凶運です。簡単に占えるのだから、チェックすべきという瞬間はありますよ。だったらと考えを翻すと大正解で運に乗れそうなの。おもしろいぷちタロットのお話です。
ぷちタロット練習

リンスの流し方ひとつで健康に大きな差

体調の悪化や、その他いろんなシーンで悪い状況になるとき、原因を見つけるヒントを得て、うまく発見できると思わぬ回復を得ることは多いです。盲点があったり、自分では良いことだと勘違いしていたり、気にせず普通にしていることを見つけると未来は変わる。未来は、いつも自分次第の身近な実例です。リンスの流しかたひとつで変わるんだからね。
ぷちタロット練習

進めるとリスクあり/進めないと凶運「どうするか」

白か黒か。二者択一で「実行か否か」を占うと、どちらも運がさほど良くないときがあります。今日の実行はリスクがあり、明日以降ならもっと凶運な場合、リスクを回避できたろうに案の定ダメだった身近な実例です。もっとよく考えたら気づいたのにという例です。運は日々の小さな気づきからです。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする