コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

塔とは

スポンサーリンク
ぷちタロット練習

ぷちタロットで複数の選択肢から「最終決定」

ぷちタロットで発案をする習慣をつけると、運が良くなるだけでなく頭も柔軟になります。ぷちタロットをする以前は「これがよい」と自分で感じたら曲げられないとか信じ込みたい気持が強いです。柔軟に対策を練る練習になるぷちタロットを毎日使いましょう。愚者がでたときの対応と戦車について解説します。
ケルト練習

新庄剛志さんはプロ野球選手になれるか(前)

新庄剛志さんがプロ野球選手への復活をするとの宣言に驚いた人も多いはず。彼の心情や本音はどうなのでしょう。現状についての解説をします。厳しい現状と彼の本音が見え隠れする結果を読んでみましょう。
スリーカード

タロットで禿るかどうかわかるかな「育毛効果」

現在にでている塔について基本となる2パターンの解釈と、その対策を理解することはすごく大事。また、最終結果の節制が意味するものは、前に来る状況次第でニュアンスが違ってきます。すべては移り変わる流れの把握だということを感じてもらえるように解説します。
タロットな雑談

どれだけ備えてあるかが運命の別れ道

8月前半に悪いの限定ではないけれど悪い事例が多くでている塔が16番。ドキドキしながら毎日イメトレをして備えていると、一日法も塔の日がありました。起きたことを書いておきます。
2020.08.05
ホロスコープ

厳しいときは「前後半チェック」&剣9と塔の違い解説

中心運に剣9が出たときの実例をできるだけ書き綴り、厳しい月の対応策をあげておきます。厳しい月は自分で前後半に分けて流れを参考にするとよい。そこで今回は前半に出た塔と剣9を共通事項かもしれないと推測して訳しています。
タロットな雑談

塔の分析結果が法王「何が起きてきたか」

一日法が塔だった日。分析してみると法王でした。塔自体が法王の助力を得るのでなく、塔の内容に法王関連のことがある暗示です。結果、法王関連のできごとでビックリすることがおきました。身近でおもしろい塔らしいお話です。
ぷちタロット練習

塔の日は慌てず「まず確認!」

これは妙案とピンときたときも、確認してみるとまるで大外れだったことがある。直感では「浮かんだ」と喜んだのに、ぷちってみると塔でした。その日は一日法も塔。そういう場合は追加で確認するとよい。その方法を書いておきます。
セフィロト

三浦春馬さんの思いをセフィロトで聞いてみた

セフィロトは人の内面や精神的なことを見る展開法です。これは生きているとき限定ではない。亡くなった人の思いも死んだら消滅するわけではないと考え、私たちがヒントを頂くことが出来ます。才能や能力など形がないものを出すことが可能です。
ぷちタロット練習

希望実現の難題を複数チェックで見切ろう

頑張りたいこと、目標などの状況を踏まえ、何をしようか意志をぷちったり、ケルトで成果を予測しました。その結果をもとに今何をするかをぷちって決めていく手順を書いておきます。応用してくれると嬉しいです。
スリーカード

塔や悪魔に挟まれた「節制」を読み切りましょう

スリーカードで塔と悪魔に挟まれた節制が出ている場合、節制をどう読むか、最終結果をどう読むか。対策を引き出す方法についても解説します。悪いカードに挟まれた良いカードがある場合にも応用してください。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました