仕事関連の占い実例

仕事関連の占い実例

ここには仕事を様々な方法で占った実例があります。

今の仕事に満足できないとき、ポカをしたとき、希望に関して占えます。
未来を見ることで解決できるか、現在を知ることで解決できるか。方法は様々です。自分でササっとチェックできると、いつでも重宝します。

  • ぷちタロ
    ⇒リアルに今、とりたい行動の吉凶を占えます。
    ガツンと言ってやる。このまま我慢する。誰かに相談するなど。
    自分がどうしたいか、その場での意志の吉凶です。
  • スリーカード
    ⇒不安や気になること、希望やトラブルに関して「今後」が出ます。
    結果と今すべきヒントが読めます。
  • ケルト
    ⇒不安や気になること希望などの究極的な結論です。
    ほぼ変えることはできないレベルの未来と対策です。
  • 希望実現法
    ⇒気になることから他に目を向けて運を増やせるものがあるかチェックする占い
  • セフィロト
    ⇒自分や他者の能力や傾向など内面的な資質を見る占い

詳しい占い方はTOPメニュー「占い方いろいろ」

スポンサーリンク
ケルト練習

不安というより緊急事態宣言の「圧」

飲食関係は時短営業続き、 第一波では感染対策をして、 なんとか営業を続けていました。 けれど感染対策の費用は自腹。 人は来ないし、家賃はかかる。 一気に意欲が失せて・・・ 暗い気持ちになったようです。 「そうだよ。当然だよ!」 イギリスでは生活の保障があり 何度ロックダウンしても どこかで「仕方ない」と思える。 海外で出来て日本で出来ないのは 単にケチケチしてるのじゃない? ユーザーさんを思うと イラっとしちゃいますが。 商売を止めるとは思ってなく、 これから売り上げを伸ばせるか。 今後の金運と対策の占いです。 文句もあるでしょうに、 まだポジティブに考えて、 なんて素晴らしいのでしょう。 思わず私も「死神とか出たら」と 怖くなりかけたけど解説します。

Wandsを実感してみよう

現在を表す6番までに棒が3枚。 本日は棒について別角度から 「なるほど」と思ってもらうよう 棒全体と各意味を解説しますね。 Golden Dawn付属の小冊子に 棒について、こう書かれています。 Enargy,quarreling,opposition. エネルギー、けんか、反対。 例えば、 陸上競技を見ていると 風の影響が大きいよね。 人や物が動くと当然、 地球では空気が邪魔です。 何か動かすとか 動こうとすれば、 その方向に邪魔がある。 その度合いを棒が示してます。 障害を押しのけて進んでいるの。

圧の強さを覚えよう

1番に出ている【棒9】は、 かなり強い力を示します。 ゆるぎない力で大きな成功や 病気や問題からのリカバリをする。 強い勢いで進めることを意味して、 その分、それなりの圧も受けます。 3番の意志や姿勢を示す【棒5】は、 Violent strife and contest,Fighting など闘争や戦いや暴力のように 圧がかなり強いとイメージできます。 暴風に飛ばされないよう踏ん張ってる。 共に良い意味なので粘ってますが、 完全に悪い意味に出ていたら、 棒9は諦める公算が強く、 降参する流れがでているわけ。 棒5なら圧に耐えられず、 構えを崩すと吹っ飛ぶ感じ。

金貨をリアルに受け止めよう

【金貨8】は淡々とした努力ですが、 基本の意味が弱くなる場所なので、 Skill, prudenceの良い意味である 慎重さや手腕が少し緩まってしまう。 このカードは堅実さが基本ですが、 それって現実でも想像できますが、 ちびちびと小さな努力を重ねます。 それは目に見える成果は薄いよね。 うさぎと亀でいう亀のようなもの。 長い目でないと感じない歩みです。 そこに逆風が吹いてくると 大きな進展もないのだから 焦るし不安になるかもしれない。 ここが鍵の【棒9】です。

職人と商業

棒9を鍵として近い未来は【金貨3】 金貨3はBusiness,paid employment, Commercial transactions とあり。 他にも仕事や積み上げていくように、 ランクや現実的なゲインを意識し、 現実問題を熱心・痛切・機敏な様で 今回の相談にかなりピッタリします。 棒カードの圧を感じながらも すべてがどうにかプラス意味です。 不安で仕方がないとおっしゃりつつ、 負けないでやっていく気概を感じます。 金貨3は技能や技術面があれば、 特に参考にすべきカードです。 職人が精進しているイメージで 職人と技能を最初に想像しつつ、 広く応用していくと活きるでしょう。 この状態を見ると 本当に緊急事態宣言は脅威です。 それでも支払い、仕事、その他、 乗り切る力があると読めるのが、 現在の状況です。 ・・・で剣Kとは何ぞや? ここは間接的に影響する人です。 いずれにしてマイナスではないと 小アルカナルールで読み取れますね。 頑張ってとしか言えませんが、 自分を信じて大丈夫です。 それだけは言い切れます。
スリーカード

自分の現状をハッキリさせるスリーカード活用

スリーカードは、未来を知りたい時だけでなく、現状を知りたいときにも使えます。現状の自分がどうか、良い状態かを確認すれば落ち着く場合もあるでしょう。また、未来が悪い時には現在で変えられるのがスリーカードです。月で読むべき対策や未来の予測を解説しています。
スリーカード

暗中模索で審判の鍵を使えるか!?

どうしても抜けられないスランプなど、まずはスリーカードで「このままの未来」を占うのがおススメ。その結果、自然に抜ける流れがないならば鍵を元に対策を練りましょう。今回は月の暗中模索が続く未来を審判で切り替えした実例です。審判が朗報ではなく鍵で出ているときになにをするか感じてください。
タロットな雑談

コロナで大変「今後やっていけるか」 (後)

皇帝がでているときの実力発揮の方法をしっかり身につけると、どんなことも自信がでます。頑張れたという自信になるでしょう。その後に続く棒のカードが、どういう現実を言い表しているかも十分に実感してもらえる結果でした。対策もバッチリ訳したので力にしてほしいケルト結果です。
ケルト練習

コロナで大変「今後やっていけるか」 (前)

どんな原因であろうと大変な状況の今後を占うのは良い。ケルトだとリアルに様子が浮かぶでしょう。法王と女帝の示す助力がイメージできれば打つべき対応もおのずとわかる。解説から現実を思い浮かべられるよう書いてみます。
ケルト練習

お店の繁盛と繁栄は叶うか (後)

今から頑張れば順調に努力の成果が運にも影響して、繁栄へ向けて進みます。ただし、最後の最後には順風満帆か失敗かが分かれているのです。なぜ、そうなるか。そうならないために良い選択ができるようカード意味も含めて解説しておきます。
ケルト練習

お店の繁盛と繁栄は叶うか (前)

吊るし人は悪いカードで見通しの暗さを示しますが、意外とちょっとしたコツをつかむと好転できるカードです。金貨8の真面目でコツコツのグループが2枚でていますから、その共通点と今回の読みを理解して繁栄へつなげられるよう解説します。
スリーカード

毎日が憂鬱な人間関係「今後はどうなるか」

上司との関係にストレスがある方が、昨日のスリーカード練習の勧めで占った結果は、意外なものでした。現在に審判がでていますが、何も朗報はない。回復もしていません。こういう場合の読み方と今後について解読しましょう。
スリーカード

隠者から法王へと方針転換「その違い」

努力をしていても、その方向性が違うと修正せねばいけません。隠者と法王の違いを理解して希望を叶えるための流れを感じてみましょう。未来にでている運命の輪は、法王を続けることからやってくる。隠者と法王の違いを知るのもおもしろいよ。
ケルト練習

職場の変化が及ぼす影響(2)

今後の仕事環境に順応していけるのかを占った結果、何か悲観するとでているなら検討をつけて今から変えていけると思いましょう。そのヒントがケルトに詰まっている。今日は、後半の解説です。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする