コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

世界とは

スポンサーリンク
ぷちタロット練習

世界は「部分的集中」のイメージで過ごそう

世界は、平和や平和ボケなど不快がなくてもイマイチ進展は難しい。進展させるなら的を絞るほうがよいのです。その絞った的が上手く行けば、その次へと欲を出さずに区切るのも手です。世界がでたときにベストな対策が取れるように解説しています。
一日法

タロットの世界は「広い視野と理想主義がダメ」

世界というカードは危機感がないうちに時間が経過し、無駄になることも多いけど、もっとも怖いのが「それが、どれだけ勿体ないかも感じない点」です。これを読んで世界に必要な運稼ぎの方法をインプットしてください。
スリーカード

近所に唯一のスーパーが倒産寸前の噂は本当か

自分以外のところからくる不安や問題をスリーカードした場合、いつもとは違う形式で読むことになる。現在の定番である意味の選択ではなく、客観的事実としての現在となる。自分で努力しようがない周囲の影響を占った場合の読みも練習してみよう。
タロットな雑談

これは「世界」が示す進展のイメージだ

悪い運勢では、悪い出来事がすでに設定されている。けれども考えひとつで感じ方はまるで違ってきて、厳しい課題のお陰で集中できるパターンもある。今日は世界の成功イメージを私の身近な実例でわかってもらえると嬉しいです。
ホロスコープ

悔いはない?「最後に中心運チェックしましょう

ホロスコープを最終チェックして来月に進むようにしましょう。出来たかどうか。課題を果たすことが目標達成への呼び水です。私の7月について中心運をもとに各運気をチェックして実例です。参考にね。
スリーカード

愚者と世界の共通点と解読

スリーカードを正確に読めるようにすると、重大なこともどんどんわかるようになります。今回は未来に期待がある審判へと持ち込むために、何をするべきかをしっかりつかめるよう解説してみます。
スリーカード

可能性を現実にする「世界の対策」

世界がスリーカードで中心にでたときの正しい読みをキッチリ覚えましょう。なんとなく覚えていると重要な時に困ります。塔と世界のホロスコープとは違うスリーカードの読みを解説します。
スリーカード

世界で読む病状や症状

健康や病気関連で占い世界がでたときには、前後するカードにより想定は逆になる。平和ボケで悪化になるか、緩和になるか。状況を感じられるように書いてみます。
スリーカード

コロナに感染の今後「しゃーないのか考えよう」

こんなド田舎で人もまばらな町にいてもコロナの脅威はあるのでしょうか。感染する可能性を占ってみました。そして、みんなへの気持ちを書いておきます。
スリーカード

衰退の回避グループが並んだとき

花見をしたり夜にでかけたり、一見すると緩和されているように見えるコロナですが、このまま収束するとは思えない。そうなれば再び買い占めが起きるのではと占ってみました。世界の読みと対策を感じてもらえると嬉しいです。そして備えもね。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました