世界とは

スポンサーリンク
一日法

世界がでているときに必要な2点

運勢や一日法で「世界」は怖くもなく運がよくもない。だから適当に過ぎやすい。その適当に過ぎる中には、好転策や運が隠されています。せっかくだから運をあげていきたい。世界は難しくはなくキッカケを与えてやれば自分を動かすことが可能。自分のモチベーションをコントロールして世界から運を得るヒントです。
ホロスコープ

星で意識する運アップの感情と世界らしい行動

個々の運が良い月、悪い月、良くも悪くもない月など様々ですが、どんな時にも「対策」があります。それは常に気合い満々が良いとは言えないのが運。ボチボチが良いときもあれば大アルカナで対策がしっかり求められる時もある。今回は世界の行動指針と星の感情指針を感じ取ってみてね。
一日法

世界はぼんやり禁止「過ごし方のコツ」

世界が一日の運勢やホロスコープで出ているときには、普通に過ごしていたら何も残りませんし、運も良くならない。逆に気づかない程度でジワジワと衰退しているのです。そこでうまく適応すれば運はアップし、集中度も上がります。一日の運勢を占うのは簡単なので是非、欠かさずやってください。
スリーカード

運が良い選択をどうやって発見するか

まだ始めていないけれど、これから始めようと思う件をスリーカードした結果です。その場合は正義は実際に過去ではないし、愚者の怠慢系も鍵と読むかの選択が要になる。これから始めることの吉凶を読むややこしい点を補足しておきます。
ぷちタロット練習

ぷちタロットの対策は万人に吉運となる

自分の選択肢をみつけたいとき、最初の発案が「世界」だった場合、もう一押し双方にベストな案があると思おう。良い案をみつけるために掘り進めてみた私の身近な実例タロットです。
スリーカード

気分が良くないのと運は別物「運を見よう」

運を落としそうな、運が良いとは感じない気分ってあります。だけど、それはあくまで気分であり「運は違う」ことだってあるわけです。本当に悪い影響の気分と、運を上げてる途中の気分を見分けるために運の流れをメインに占うと良いです。新たな視点で気分がスッキリした身近な実例です。
スリーカード

変化の日時がわかるスリーカードで「辛い症状を占おう」

頭痛でも対人関係でもなんでも「我慢がつらい」と思うなら、この状況が「まだまだ続くのか」。「もう、そろそろ」良くなるのかを期限付きで占うことが出来ます。そのコツをつかむと応用範囲が広く、身近な困りごとの解決がどんどん可能になるでしょう。女帝を悪い原因として読む場合の解説をしておきます。
スリーカード

落ち着きと穏やかさの女教皇的未来

苦にしていることが、正義の厳しい状態から、世界の平和な状態になり、落ち着いた女教皇に至る。その経過を各カードの詳細から実感してみましょう。問いはコンタクトが合わないと感じる辛い状況から脱する方法はあるのか考えたものですが、希望と落としどころの発想に使えるでしょう。理想と現実が読める実例です。
タロットな雑談

タロットの世界「どうしようもない意欲減退からの好転」

やる気がでないで焦るときは、運がそうさせているかもしれません。それを上手に解消すれば好転できるから対処を間違えないことが肝心。世界の意欲不足や平和に甘んじる姿勢をスッキリ切り替える方法を書いておきます。
怠慢・ぼんやり

やる気がでなときにするべき発想はコレだ

怠慢系のカードで陥るズルズルだらだらの不快な状態について考えてみましょう。やればよいだけなのに、なぜ腰が重いのか。動けないのか。その原因と対策について書いています。怠慢系カードの実体験にもできるお話です。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました