吊るし人一覧

行動する「必要」と「気重」で迷うとき

迷いの根本が具体的なときと、その背景となる少し広い視野にあるときで問いを使い分けることもできますよ。ほしいものやいきたい場所でぷちるのは具体的なとき。けれど、それ以前に気重だったら買い物運やレジャー運で占って決めるのもありという実例です。

油断せず未来を作るべき『世界』

気がかりと同時に、実行しようと思うこともあるようなとき。簡単に問いを作って占う前に、自分と向き合い一番重要なことは何かを見つけましょう。頑張りたいけど心配がある場合の実例を挙げますから問いの作り方の参考にもしてください。

準決勝のワウリンカ戦の錦織圭

高いレベルでスポーツの結果を占うと一進一退で簡単に当たる事は少ないです。やはり、瞬時の対策を打ち合いっこするからです。しかし、体が思うようにいかなければ難しい。その見本のようなスリーカードを参考にして学びましょう。

気乗りしない自分を変えてくれる鍵

暑いから嫌とか、自分なりの理由で気乗りしないで済ませようとするときに、ぷちタロで意志を確認すると充実の流れへと転化できる機会がよくあります。そして勧めに従い「やってよかった」と思える充実が増えると色んなことに成果が出るでしょう。ぷちタロで自分が変わるから面白いです。

Translate(翻訳) »