問い方一覧

同じ悩みも問い次第の実例

同じ占うにしても「治るか」と聞くか「効果があるか」と聞くかで答えが当然違ってきます。効果には広い幅があるのに対し、治るかはハードルが高くなりがち。問いを落ち着いて考えると的確な回答が得られる実例です。参考にしてね。

一日二日で全然違う

身近な未来を「もう、そろそろ」や「まだ、しばらく」でスリーカードすると、近い未来に対して意識することが増え、結果的に99%無理と出ているケルトの究極未来すら変えられる可能性がでるお話です。

意識改革につながる占い

時間設定を読むように問いを「まだ、しばらく」をずっと続いていく件に応用して、折を見て占うことで大きな意識改革につながります。悪化したり改善したりを繰り変える長く続く件を良くするのに応用する提案です。

Translate(翻訳) »