今日の運チェック!
       

今に意味を感じる瞬間

タロットな雑談
この記事は約3分で読めます。

つながりという感覚をつかむと幸せです :love:
これで良かったんだ と思うのは1つの励み.
がんばったのが、今につながっているとわかったり、
気を付けたことが功を奏したとわかった瞬間、
自分の進む道が、合っていると感じられるよね。

未来への自信が、出てきます。
意味を感じれる瞬間は、生きていくうえで大きいです。
着物を通して叔母と話すことができ、発見がありました。

・・・というのも、着物は20年以上も着ていなかった。
もう関心も薄れていて、実家に置きっぱなしの物も多く、
どこかで邪魔だとしか思っていなかったの。
少し前なら形見とか関係なく、処分したのは間違いない。

けれど、たまたま着物への関心が高まりました。そして、
遺品の着物には私が知らない人間ドラマがあったのです。

20180409a

母は、父が他界するまで仕事の手伝いで忙しく、
優雅に着物をきれる機会はありませんでした。
なのに、たくさんの着物を作っているのは知っていたので、
どこかで無駄遣いだと思っていた気がします。でも…

父の妹さんが、着物のブローカーをしていたそうです。
呉服屋から商品を預かり、売ってくるのですw(゜o゜)w
売った商品のマージンを貰い、残りは店に返す。
昔は、そういう仕事が結構あったそうです。
父の妹さんは苦労されていて、私が生まれる前には、
実家の二階に夫婦で居候していた時期もあったとか。

初耳でした。
私が物心ついた頃は、枚方に住んではりました。
とにかく、父の妹さんの助けになるようにと母は、
一生懸命に良い着物を買ってあげてたそうです。
安いのを買ってあげても、少ししかお金にならないからです。
仕送りするほうが、よほど少額で済むでしょうけど・・・
それでは、また違ってきますもんね :syun:

ただ、母は随分と小柄なのです。
どうせサイズも合わないと知っていました。
母の着物は、どれも手が短くてチンチクリンなの :dissa:
でも、関心があるから持ってるだけでもいいかと思いました。
たまたま、似合いそうな着物を見て叔母が、
「着れそうか手をとおしてごらん」というので羽織ってみた。

すると!
しつけ糸がついたままの着物は、私にピッタリのサイズ。
「これ、あなたのためやん。」と叔母が言いました。
順に羽織ってみると、高価な着物は全て私にしつらえてある 😯

自分は着物を着る暇もないけど、あなたに着てもらいたかったのよ。
お母さん喜んでるわ と言って貰いました。いや、驚きました。
これ・・着物に関心をもつ前だとしたら捨ててます。
そして、何も知らないままでした。

たまたま着物に関心を持ったのは良かった。
これって、たまたま?

たまたまや偶然こそが、一番心に響くよね。
美しい襟を縫い付けてある長襦袢が何枚も出てきたけど、
それらも羽織ってみると全て私のサイズ✨

最後に、2軒だと思っていた親戚の呉服屋が、もう1軒。
「祖父の実家が、大きな呉服屋って知らんかった?」と叔母。
マジか?着物に関心をもって、本当に良かった👏
関心を持ったものを通して、未来につながりが出てきます。
みんなもGolden Dawnを習って本当に良かったと思うといいな。
改めて、そう思いました。

タイトルとURLをコピーしました