コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

基礎という意味のアレコレと応用

この記事は約3分で読めます。

本当の意味で、2018年がスタートした2月。
しっかり、各運気の中に入り込んでいるかが大事です。
ぼーーーー としてたらあきませんよ(笑)。
そんな人は、先日も紹介した動物アイコンをクリックし
今、プラスになる自分自身を作っていきましょう。

運気に入り込むには、前にも書いたように入口が必要。
パッと見ただけで、2月の感情がハッキリ理解できるときは
確実に集中している状態とえますが・・・
そうでないなら、どこかを入口にしないとダメ。

自分で決めたカードを、魂で感じるまで過去事例を思い出し
その時の心境をとことん作用させましょう。すると不思議に、
次のカードで関心をもてる部分が決まるでしょう。

勿論、それは四隅や中心運でも良いわけです。
そこでアドバイスにつながっていくなら、それも良い。
十分にアドバイスをまた魂で感じたら、次が出てきます。
リンクは、次々と出てきて、バラバラに感じていた運も、
しだいに1つの2月としてイメージされると成功です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば、こういうパターンだとすると各運気のオレンジは、
特に悪いカードもなく、太陽や恋人なども出ています。
一見すると見栄えが良いから、良いと思いそうです。
だったら、そんなに良いのでしょうか?

オレンジ部分の小アルカナルールと、四隅を見てみよう。
良いほうへ転ぶか、悪いほうへ転ぶか。
まったく自分次第になってしまいます。

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました