運命の出会いをみつける方法3

この記事は約3分で読めます。

運命の出会いは以下のようにイメージしてみてほしいのです。

  1. 自分が目指したときから、神様はナビで設定してある。
  2. その近辺までは、どの道でも良いから進まねばいけない。
  3. 近くに来たら、いよいよ運命の動きが出てくる。

運勢に【太陽】や【審判】が出ていれば、縁が出やすい。
ゴールに近いと思って頑張ればよい。

運命の出会いに辿りつく方法..

至近距離まで来ていたら、間違った道を選ぼうとすると
明らかに邪魔や不遇がでてきて止められます。
何度か失敗したら、方向を見直してみましょう ::ne
距離がある場合は、どの道を選んでも同じです。
だから、迷わず「最悪」と出ない道を選んで進むこと。

20170722a

ゴールに手が届く段階にくれば、もっと切迫しているでしょう。
それは決して悪いことじゃない。遠いほど深刻じゃないよね?
オリンピックを目指していて、まだ2年ある状態と、
残り3か月の状態では、緊迫感が変わるみたいにです。

焦りがでてきた頃には、ゴールが近づいているでしょう。
自分が設定した夢が、目標になってきています。
その辺からの最終選択は、絶対に妥協してはダメ :bafu:
切羽詰まっても、もうひと頑張りしようと思いましょう。
するとゴールがやってくる。

本物かを見分ける方法..

目的地の近辺まで来たら、相手も(物でも)探しています :love:
それが、家や物に対しても同じ。出会った瞬間には、
向こうも歩いてきたくらい、鉢合わせしたような感触です。

その意味で、神様のゴールは聖域ですね。
霧の向こうへと突き抜けた人が、発見するゴールなのよ。
「ここだったのか」「あなただったのか」という風に、突如現れる。
そして、向こうも待ってましたと迫ってくるでしょう。

最終決定するときは、完璧以上です。

進めたら、後々更に好条件がある。
そこまで来たら、本人の中に確信があるから分かります。
その確信がない限り、もう少し頑張ろうと思ってください。
運命のゴールは、別にあります :no:
選択肢の中から、悩んで選ぶべきじゃないのです。

思い出してみよう。
運命の出会いは、迷う問題などなかったでしょう。
これしかないと思えたはず!
ゴールはゴールであって、選ぶのではない。際立っています。
そういうヒントも、きっとあるのです。

ナビに設定されてるなら、どう間違っても目的地に戻ろうとします。
ゴールするまで終わりません。
ゴール目前になると、完璧を待つのみです。
目に見えるものから選ぼうとしないこと。
ゴールに辿りつくのですから、そう強く信じましょうd( ̄ ̄ー ̄ ̄)

3回続けて書いた運命の出会いについて
過去も思い出してみるとよいですね。未来に向けて :kira:

タイトルとURLをコピーしました