棒2と人物カードとの関係を学ぶ

昨日は、今年の目標がタイムリミットまでに実現できるか?
不安で仕方がない状態を占った前半を読みました。
そのまんま、不安で仕方がない状態で出ていて驚きでしたね(笑)
今日は、結果がどうなるのか解説してみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、昨日の読みで、重要な人物2名が出ていましたね。
英語学習に関わっているペンフレンドだと思われます。
なぜ繰り返したのかというと、意味があるのです ::ne
最後にわかるでしょう。

まず未来へのスタートになる7番は【剣5】。
これは、非常に厳しいカードで良い気がしません。
本人の置かれた立場や状況を示す7番で、
補足がない場所なので、基本の意味が弱くでる。
否定的態度による敵対・苛立ち が基本の意味。
基本が悪い意味を持つカードです。
正義と同じグループで、剣3とも一緒。

まぁ、必ずしも敵対とは読みませんが、
折り合いがつかないことを示します。
占った問いや状況によっては、敵対にもなる意味です。
今回は、彼らとの折り合いがつけられないみたい。
ずっとビデオ通話が延び延びになっているのですが、
どうも、すぐに改善とはいかないようです。

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »