一番肝心な「棒2と力」で達成へ粘れ

家をいじりたい人がいて、リフォームを考えています。
しかし、たまたまご主人が昨年だかご病気をされたり
ローンを組みにくい状態になっているのですよ。
けれど、とても素晴らしいリフォームプランができたし
どうにかしてリフォームに着手したいです。

そこで今後、ローンが通るのかを占った例です。
本人はドキドキなのか、占いに乗り気じゃない気もしたけど・・
でもねd( ̄ ̄ー ̄ ̄)。
ダメと出たなら、ダメな理由も様々ですし・・・
もし、完全にダメだとしても、そうと知らずに進めても
結局、未来は行きつくところに終着してしまいます。

だったら早期対処と腹をくくることも大事です :heart:

まず、現在であり鍵の部分には【棒2】
これは皇帝と同じグループです。
中でも特に、一対一の影響や意志表示のイメージで
意志表示・影響力・決断力曖昧・優柔不断 です。

  • 住宅関連会社への問い合わせ
  • 担当者や営業マンや家族への発言
  • 自分自身の心の内にある決断力

など
まず自分がハッキリ己をしり、上手に周囲へ伝えること
本人の読みは、意思表示・力は発揮出来ているで正解です :good:

過去には【金貨3】で、技能や技術関連があれば、
常に最優先に意味を読むべきです。
でも、該当するイメージが全くないときならば、
広い意味で人間関係など建設的な姿勢と読む。
今回は、リフォームの知識か、その姿勢かになります。

そして近い未来は、吉凶半々ですね。
【棒Prince】は、バタバタ良い変化か現状のまま動かずか。
出発・変化その遅れ どっちになるかという読みです。
本人は、言うだけでグズグズと遅れてしまう恐れと訳しているけど
・・・もしや、私がどこかで似た訳を書いたかな?

それは棒8の読みです。似ているのですけどね。
良い動き、良い変化と、棒8のテキパキ行動とはね・・。
しかし、あくまで棒Princeは変化や勢いが重点です。

それが上手くいかない可能性は現在にあります。
それが理解できるのは、3番の【節制】をみよう。
内面的な部分では【棒9】で、やる気というのか
大変は承知だけど、どうにかやりたいと思う感じがわかる。
気丈さによる勝算・段階的達成逆境
節制が棒9の意志を抑えてしまっています。

なぜ、そうなるかというと2番の【力】が強いよね。
棒2は、力とも同じグループですが力には及びません。
だから、棒2を持ってしても簡単ではないのです。

現状は、こういう風な状況だとイメージしましょう。

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »