カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

占い結果から正しい実例をみつけよう

この記事は約2分で読めます。

ぷちタロ、一日法、スリーカードの大アルカナは勿論、
小アルカナになると更に影響をキチンとしないとダメ。
そこで重要になるのが意味の取り方ですよね。
意味の取り方は、運勢を通して、一日法を通して、
とにかく体験して「こういう感じなのね :po: 」と見つけること!

ただ・・・
その意味がピンと来ないこともあるでしょう。
ハテナと思うときが未来にとって大事な瞬間。
意味は、絶対に膨らませないことです。

基本の意味を参考に実例を見つけることに集中せよ。

基本の意味で考えても、該当事例が浮かばないときはあります。
それは私にもある。
読めるのと、実例を発見できるのは別ものです。
キチンと読めていても勘が鈍いとか、視点が間違っているなど
色んな理由で実例の発見に苦労するときはある。けれど…

勝手に意味を膨らませて実例を見つけたつもりになると
道を外すことにもつながってしまう|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||
見つけて安心したい気持ちもあるでしょうけども、
どんなに実例が見つからないと悩んでも基本をずれるな!

あくまで基本の意味だけインプットして粘り続けよう。

読める=事例を見つけられるはずというのは勘違いです。
正しく読めた後に、実例を見つける作業があるのです ::ne
見つからないと焦るときほど基本に返りブログを読みましょう。
「なるほど、これかも」と浮かんだら儲け物ですし、
見つからなくても書かれた基本意味だけで探し続けること。

翌月になってから冷静になると「これかも」とわかることもあり、
キチンと出来ていたと安堵することもあります。

実例を見つけるために意味の語句を膨らませないでね。
それがやがて隙の無いタロットに成長させていくコツです。
一見は同じような語句でも付け足したり、発展させると怖い。
迅速と俊敏ではカードのイメージが別物になってしまうの。

実例を探すのに迷ったときには、自分なりに膨らませず
ブログの実例を読むことでイメージを作ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました