未来の受け取り方を選ぼう

この記事は約2分で読めます。

S○APという語句を出すと、アクセスが異常に増えますので、
過去記事も検索エンジン除けをしました。( -。-) =3 ふぅぅ
でも、ふと思ったのはスリーカードの有効性について、
五行で占ったように201○年以降の動きが生じたならば、
スリーカードで最後に出た太陽の意味は、遠い未来まで示した
といえるのかと少しだけ考えたりしました。

・・・でも、
やっぱりスリーカードは問いに関しての今と未来であり、
あくまで1月の騒動(今)と、解散をしないと発表された(未来)でしょう。
でないと結婚運や仕事運を占い、NGと出たら一生ダメなのかとなる。
それはありえないですからね。

そこから展開法を選ぶときに得られることは、
問う者にとって
ケルト⇒ 重要性が高い、複雑な問題
スリーカード⇒ 重要性が高くない、ややこしくない問題
かです。
もしS○AP当事者の依頼ならばケルトを選ぶべきです。
すると究極的な流れがでて、五行と照らしてアドバイスできるのです。

ケルトは….
そもそも複雑な悩みや重要性が高い個々の問題を占います。
個々の問題限定だから、その結果がダメなら明るい未来はない :no:
2番の対策しだいで可能性が出ている場合があるにしても、
個々の恋愛相手や就職先との縁が覆ることは限りなく0に近い。
(分析ケルトに関しては、ホロスコープの期間に依存します)

20160816a

未来の可能性を、どう残すか。展開法の選び方を伝授しましょう。

ケルトを選ぶと…

個々の問題に対し、明るいか暗いかの最終的な未来が見えます。
最終結果が厳しいなら、ほぼ好転しないということです。
頑張ったら良くなるかもとは読めないと受け取ることにより、
区切りをつけて方向転換することが可能です。
良い場合には、信じて頑張ることで可能性があるのです。

:po: 未来を直視し英断できる勇気を持って占うとよい。

スリーカードを選ぶと…

今の状況と未来です。最終結果は、問題の究極ではない。
だから、区切りをつけずに今どう考えるかが読み取れます。
優しいともいえますが、区切りは自分の判断に任されている。

:hint: かかわり続けてもヤバくないことを占うとよい。

例えば….
恋人と喧嘩してしまった。
仲直りできるかと軽い気持ちで占うならスリーカードでよい。
しかし
たびたび同じような喧嘩でうんざりしているならケルトで
二人の今後をハッキリ出してみようとするのは有効でしょう。
勇気があるのならねd( ̄ ̄ー ̄ ̄)

私が相談者を占うのにケルトを使うのは、
相談者が対処を施すことを望んで依頼してくるからに他なりません。

タイトルとURLをコピーしました