今日の運チェック!
       

タロットで「思ったことが出る」なんて大きな勘違い

タロットな雑談
この記事は約3分で読めます。

別記事に人間関係を占ったスリーカードをアップしました。
占いをしたときに会話になるくらい明快に心に答えが出るのは、
占う前の段階で自分をどう整えたかが大きく影響しています。

例えば、
いつもプライベートで連絡したときだけ挙動がへんだと思うと
『何を考えている人か・・』と不安や怒りを持ってしまいます。
実は、裏表がある人なのか、おかしな人なのか、
そのまま「なぜ、返事を無視するのか」と思って占い
【月】が出たような場合、やっぱり不安が出たと思い込む。

そんな経緯で正確に読めるのかです。
絶対に読めません。

20160716a

タロットで時々「自分の思ったことが出る」という人がいます。
でも、それは大間違い。そこは確実にインプットしていてね。
そういう人は客観性に欠け、思ったことを当てはめているだけ。
思ったことなど出ていないのに、自分の気持ちで読んでいるわけよ。
その人が気持ちを統治できてないのが原因です。

今回の『月』にしても、あらゆる残念な結末が読めますから、
それを相手のせいにしてしまう読みは、いくらでも出せるのよ。
だって月は、期待できないのは間違いないのだから、
その期待できない想像を、相手責任で読めばそうなる。

けれど、時が進むとわかるでしょう。

Golden Dawnは親友であり、自分自身とは同化しません。
駄目なときは駄目だといってくれる率直で信頼できる親友で
常に、客観的な未来を示しているのです。

駄目な裏には、何かしら自分に原因があるのが普通です。
それって、普通に考えたら当たり前のことでしょ ☝

そう切り離す習慣がないと自己中心的なタロットを構築してしまい
今後も一切、悩みを解消して幸せに歩む占いにはならないでしょう。
自分が思ったように反映しているという邪念に毒されてしまう。

頭に置くと良いのは…
常に、神様に愛されるような発想をもとうと思うこと。
そうすれば、自分の考え違いも念頭に白紙で物事がみれます。
読む際に、襟を正すことが自然と出来るようになるのです。
白紙にリセットした状態で落ち着いて占いをはじめるならば、
読みの途中で必ず、大切なヒントが頭に浮かび上がります。

それが会話になるような占いになる。

今回ならば「そういやメールが苦手だとおっしゃってた」と
ほんの少しの会話を浮かび上がらせる心のゆとりが作れる。
それが自分にかける気づきの魔法です。

イライラして「なんでやねん」と不快になっていると
浮かび上がる余裕を自分で潰している。
私のタロットが驚異的に素人でも当たるようになるのは、
正しい発想を心がける習慣が、自分の運勢から得られる
必ず、追々に理解できます ☺

身を清めるとか、カードに魂を入れるとか、
そんな儀式で当たるなら、誰も苦労しませんわ。
まったく必要がないから、物と人を敬う気持ちだけで十分。

来月から始める新人さんも、私についてきてくれたら
必ず、運を良くしながら自分と向き合えるようになります。

タイトルとURLをコピーしました