ホロスコープの中心に出た【吊るし人】や【運命の輪】

7月に示されていた出来事は殆ど出たと思いました。
だから、別の指示を貰おうと7/15からを出したら
まったく意味は変わっていない事に驚きです :buru:
まだまだ、7月最初に出された件は終えてないらしい。

確かに、似たことが2つ3つと出ることがあります。
ほぼ同じというのを解説してみますね。
中心運は【運命の和】から【吊るし人】へ移りました。

20160715

右の7月全体の運気は、仕事や金銭、親しい関係がよくないです。
まったく同じで左の後半期も良くないですね。
運命の輪では、否応なく環境が変わるようなことが多く
吊るし人は、自発的な動きをしない促しです。

パソコンのことで仕方なく仕事部屋を変えましたが、
吊るし人も自発性をださず流れに従う意味で似ています。
青や茶色と光を示すカラーも似た配色でしょう。
光は、魂の輝きや生命の輝きとして外に向かいます。
運命の輪では運命の車輪を、吊るし人では人物から放たれている

ちょうど時がきたら運命が動き出すイメージと、
時が着たら復活する人物のイメージです。似ているね。

自分の意志で喜んで進むのではない運命が示す時期待ちです。
これらはホロスコープの中心に出ているので示していることは….

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »