関心と無関心の制御が大切

この記事は約3分で読めます。

草木は、欲望をもたない力で生きている。
動物は、欲望に相応しい力で生きている。
このイメージ作りをさせられたときは、
シュタイナー何が言いたいのか??思ったものです。
でも、最近はヒシヒシと実感を持って感じます。

欲望とは、別の言い方をすると感情のことです。
草木は、静かに自分の場所に留まったまま生き延びられる。
そのために驚くような進化を遂げていますよね。
それがある意味で、純粋な愛のお手本だということでしょう。

不平不満や欲をだし、あっちやこっちや動かずとも
闇に育つ植物、砂漠に育つ植物、それぞれが進化していく。
そう思うと反省点が非常に沢山あるし、損したと思います。

「本当に、感情が魔物だよね〜」って :ase:

20160528a

どんな時も自分によかれという気持ちでしか人は動かない。
自分にマイナスになると思うと動かない。拒否する。
もしくは、関心がないとして無視する。
関心があることに向かい、関心がないとスルーする。
それこそが自分の人生を規定していることになる。

その意味で植物の方が自分に相応しい進化をしているという訳よ。
[lwp non-subscriber](誰でも読める記事です) [lwp subscriber]

静のカードが出たときは、必ず感情が狂ってきます :syun:
熱望し、為になると思ったり、幸せにつながると錯覚して進む。
けれど冷めてみたら、自分の視野の狭さに驚くでしょう。
なぜ、そんな風に思ったのかと!w(゜o゜)w

植物は、そういうあり方をしていないから進化できている。
私達は、大いに自分の人生をややこしくする動きをしています。

このところ頻繁に出てきてくれる女教皇は素晴らしいですね。
何十年やってる私でも、女教皇の素敵さが広がりました。
本当の意味での刺激=自分に正しい刺激が必要だと示しています。
それは、大抵の場合に自分が熱望している甘い希望や発想よりも
植物のように今ある場所で、周囲に揃っている環境かもしれません。
これは勉強したくない。これは嫌い。興味がない。時間がない。
都合が悪い。もっと大事な用事がある。などなど、
様々な理由づけをして、自分の感覚を肯定しているにすぎない。
感情は、魔物だなあと本当に感じました。

実はね・・・

先日気づかせてもらったことがあるのだけど、
それは、自分の周囲にもうずっとあったものです。
ある物を無視して、他のものを探し求める感じかな。
重要なものを蓄積できる可能性があったのに、
結局は、蓄積されなかったのに気づいて初めて近くを見る。

自分がもっと素晴らしくなれてた可能性を捨ててたのに気づく。
2年で・・いえ、10年早く気に留めていたらと思いました。

静の時期=苦しいと思う時期ほど視野が狂ってきます。
そんな時には、感情に注意しましょう。
関心がないものの中に物凄い収穫があったことに
後で気づいて驚愕するかもしれない

たまには、植物になった気持ちで状況を見てみましょう。
無関心をチェック。関心を再チェックです。