家の売却やローン処理など『不動産屋の吉凶』

受講者の方が送ってくれたケルトを解説します。
家を売却し、新しい家に移りたいという希望で、
ダメ元で一括見積もりサイトを活用してみたとか。
返答がきた会社から、ぷちってみた結果で
良さそうなところをケルトしてみた例です。

単純に話を聞きに行く意味での吉凶ならば、
今後の見通しをハッキリつかむ意味でスリーカードが良い。
けれど今回は、売却後のローン返済も含めて占ったみたい。
少しでも良さそうな流れが出たほうにしたいですからね。

・・・しかし、コートカードだらけです :syun:
こういう風に出たときは読みが難しいですね。
ちなみに、出かける当日したスリーカードでは、
全然良い流れではありませんでした。
担当者がお休みしていたようです。

20160505

基本的なケルトの解釈を書くと…
6番までの前半は、現在の状態です。
そして、質問の回答となる後半は7番からよ。

こちらの会社は、最終結果と現在の状況が、
別の会社よりも良い意味に出ています。
けれど、物事が実際に進展すると出ているわけじゃない。
その変が味噌ですね。

現在の状況には【女教皇】です。
良識的・一般的なニュアンスで知性メイン。
近い過去に問題意識や困難を意味する【棒7】なので、
その点に関して、知性による判断ができる。
もっと具体的にいうと「話を聞く、知恵を貰う」意味かな。

最初に関わった担当者は、印象が良かったので
ひやかしで良いから行ってみてはと私も思った。
それが本人の姿勢として【星】に出ている印象でしょう。
星は、楽しみがあるから負担を感じないイメージですよd(^-^)

潜在する部分にも【聖杯Prince】で星と同じグループ。
クリエイティブで計画やプランニングに関わるカードです。

問題を前向きに考えてみる機会になったのが今でしょう。

近い未来には【世界】が出ていますが、
平和と平和ボケで具体性に欠ける部分が世界なので
とにかく目的を絞って動いてみるかどうかですね。

では、この会社との未来への流れは吉なのか。

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »