ネガティブから奇跡を招く鍵

この記事は約2分で読めます。

「なんか、めっちゃ良いことありそうな気がするぅ〜」って、
そう思えるときには、絶対にキッカケがあるね :po:
多分、それは自分が切り替えるべきところで切り替えたからよ。

だから、しっかり切り替え時をつかみ取りましょう :bikkuri:

人は、普通に考えると自分の願望が叶うほうへ想像します。
例えば、都合が合うような人には好意を持つでしょう。
でも、それが消えそうになったり意に反するときが鍵 ::ne
そこでネガティブに行きそうなのところを、直ちに
「ただの不都合や悪いことではないのだ」としてみる。

モヤモヤと嫌な気分になったりする前に、直ぐにね :heart:

自分が思っているいるのと違う流れになりかけたら、
多くの人は、恨みまでしなくても、不快や残念な気分になる。
でも、そのなりかけの状態が奇跡への入口なのです。

そのままネガティブになってしまうと、本当に残念なことになる。
だけども、直ちに「ただの悪いことはない」と気持ちを切り替え、
良いことのために必要な悪いこと以外はない」と
神様に預けるような気持ちを作れば、穏やかな気持ちがでてきて、
その後には、朗報があるに違いないという気分になります。
それが出たら後は待つだけ :kira:

20160322a

目に見えない力で周囲の環境から良いものが出てきて、
まるで、自分が切り替えてないとありえなかったように思う :v:
不思議なラッキーや嬉しい連絡など喜びごとが出てきます。

例えば・・・

自分が苦手な部署に移動になるとか、
損をしそうに思うとか、不都合が予想されるときに、
それまでの行いが悪くないなら預けて切り替えねば損。
「ただの悪いことはなく意味があるのだ」 と
怒りや不平不満のネガティブな力は働かせないように :luck:

見せないようクールに振舞っても奇跡はありません。
ましてやクレーマーやモンスター○○のように、
厚かましいくらい主張せねば損というのもありえません。
不快を即、「ただの悪いことはないから楽しみ〜」 と思えば、
別の働きをする力に変換されると実感するでしょう。

ラッキーを吸い寄せる力になってくれますよ。
是非、試してみてください。

一昨日、その切り替えが万全に出来たところなので
今は本当に楽しみなのです。きっと何か来る。何かある!
そうワクワクしています。実際にあると思います。
私の周囲では、「ありえないことがありえる」のが普通です。
こういう発想と実技をもっと多くの人に知って欲しいですね。

ネガティブに落ちる前に 預けられたら
「ハイ、運気アップ1回」と数えて喜べば良いですよ。