錯覚をとり除こう(^o^)/

この記事は約3分で読めます。

占いを読むときに、もっとも大切なことは何でしょう。
よく煩悩という言葉を聞きますが、あれは邪魔ですね。
何をするにも本当に邪魔です :no:
あれは、気分の良いパッションじゃなくて・・
執着に近いような心のニュアンスを感じます。

私が実践してきたことの中に、願望の持ち方の大切さがあります。
それは、いつか実現できる自分になったら実現する
という執着とは違う意味での純粋な願望というのかな。
自分を目標に近づける人間に育てるみたいな意識です。

20160131v

そういう目標ならば叶うという教えみたいなもので、
願望も持ち方が間違っていたら堂々巡りで進歩がない :gakkuri:
進歩というのは、もちろん自分が変わることですよね。
10年前の自分と同じなら、同じレベルにいても仕方なし。
変われた分だけ、環境も変えてもらえるチャンスが出る。

だからかな・・・。
執着がない部分は、どんどん環境にもまれて合わせていく。
その結果、期待以上に成功した人が多く
 出た指示に対して、本当に客観的な戦略を立てれている :good:
そして、成長していくから運が促進されて環境も好転する。
「そこまで期待していなかったのに」 という進展が出ます。

逆に・・・
執着しているとホロスコープを読むときも対策を練るときも、
自分の欲求が前面にでてしまい、都合の良い読みをしたりが怖い :buru:
自分に甘くなり、自己肯定して自分をダメにする根源に・・・。
自分の気持ちが常に強く出っぱなしで反映させてしまい
焦ったら動くし、嫌なら頑張らないし、とにかく自分中心で回す。

占いを読むには、読める自分になることも大事ですよ。

どう読みたいか。どう解釈したいかを絶対に入れないこと! 
決まった意味しかないでしょう。意味は決まっています。
自分を変えようとした分だけ成長、成功するから
出た意味に、自分を合わせていくことで真の進展が望める。
願望は、星のように持つべきで悪魔のように持ってはダメ。

は、大きな道しるべとなる北極星を目指して歩む自分です。
道のりが遠くても、星に向かって出てくる山も谷も超えよう :bafu:
それと引き換え、執着する悪魔は自分がみたいものを見る。
自分が作り出した偽りの星を見ているようなものです。
欲を夢と勘違いして、いくら拝んでも無駄ですよ。

自分を変えたいと思える人、向上したいと思える人には神がつく。
しかし、執着する人は悪魔がお友達なのです。
自分の願望そのままに、自分を変えずに、現状維持しながら、
夢も叶えてしまえるような錯覚でカードを読んではいけません。

自分がどう変わるべきか。どう変われと言われているのか。
そう思って読む人は、ぐんぐん成長し夢が叶う。
ミッションを正しく読むための客観性を心がけて進め(^o^)/