今日の運チェック!
       

ベストな環境は運から生まれる

タロットな雑談
この記事は約2分で読めます。

人が考えることは、頭で考えると同じ方向性になる。
「良かれ」と思って、良い結論を描くことで
一番良い結果を生み出すためにと考えると似通ってくる。

それは、世界の第一線で研究している人も
人生で幸せになろうとしている人や成功を目指す人も
非常に似通っている人間独特の頭脳だなと思いました。

20160128a

例えば、自分が目指すものへの近道を考えたり
とにかく、純粋に行動するのでなく頭を使い出す
すると・・・
コネを使っても、不運な境遇に入ってしまったり
必ずしも思い描いた幸せがあるとは限らない :no:
最高の条件を提示したつもりで利口に振舞っても
相手がもっともっと利口だったりもある。

化学の発展に貢献している研究者の話を聞いても思いました。
これまで、isp細胞から人の臓器を作りだそうとして
必要な要素を3つ、最高の素材を作ってから一緒にした。
すると最高の素材は決して育つことがなかったのです。

最高の素材を混ぜ合わせると最高になるに違いないという
発想を変えて、最初から混ぜ込んで細胞本来の力に委ねたら
それらが勝手に集まり1つになり、自然に血管までも作り出した :kira:

私たちは、ベストなものを考える習性があるけれど、
神の領域に事を委ねねばならない場合になるほど、
混沌としたゼロから急に形を帯びた現実が出現してきます。

運でも全く同じですよ。
大抵は、どこかで自分の勝手な想定を作り出しますが、
ほとんど思い描いた通りになった例がない。
これだけ占ってるのにです!!
けれど、ただ真剣に苦労とも思わず努力している人に、
思ってもいなかった巡り合わせが出て成功した例は沢山ある。

誰かの成功例を見本にして計算したとて無駄ですし、
誰かの失敗例だからとダメなわけではありません。
ただ、頭で考えたものは、ほぼ夢想と思うほうがよく、
ひたすら目の前の努力をしている人に道は開けた。
計算は不要。 とにかく、目の前にあることを一生懸命する。

一概にいうのは難しく・・・
私が目安にしているのは、一生懸命と文句とは相反する。
文句をいい愚痴りながら、幸せになるのは無理だということ。
前向きに努めて切り開いてこうという気持ちなのだと思います。
そういう人は周囲を変えるだけの機運がついてきます。
目の前のことからやっていく。それが発展への鍵。
ベストを考えて思索するよりも、ずっと成功例が多いです。

タイトルとURLをコピーしました