感謝を思い出す1

この記事は約2分で読めます。

今日から連続5回。
感謝について思い出す機会を設けます。

大切なことを思いだせるチャンスは、そうはないですね。
けれど、に沿って静の時期を正しく過ごそうと努力したら、
その日は、不思議なことが沢山起きてきました :kira:
進みたい、進めないのがつまらないという発想や、
希望が思うようにならないという焦りや、
思うようにするために、どうするべきかという問いや、
そんなこと一切を一旦止めてみました。静の日だったから :v:

『有意義な方向を希望せず』動きを止めてみるというのは、
諦めるのではなく、自分が望む方向をまた今度にするだけ。
そう思って気を楽にすると、1時間ほどで心が運に沿ってくる。

20151120a

当然、最初は物足りない気分もあります :syun:
でも、それが良いのだと言い聞かせて別の行動を取る。
静の日にしても良いことから選択しておきます。
すると・・・
突然、1時間ほどしたときに頭に浮かんだのは…
嬉しくてたまらない展開で、涙しているような自分でした。

あ、そうだ :hint:
先日、そんな感動があったばかりでした。忘れていた(-_-;)
つい先日のことでも、奇跡的な喜ばしい展開をもう忘れ
次なる不満と希望実現ばかりが先立っている自分がいた。

でも、幸運が来た時の感動を思い出せたことに感謝し、
神様は、いつも見ているのだと安堵したのです。
心から感謝できる喜びは、他の何にも変えがたい。
それを忘れて、次の希望へいくのは不運への道ですね :ase:

感謝と喜びで胸をいっぱいにして、満たされて過ごす!
そんな気持ちを忘れてしまっては損だと思いました。