「楽しい努力とは何なのか」思い出す方法

この記事は約2分で読めます。

楽しく」ということが、いかに大事か :bikkuri:
わかっているつもりでも、常に覚えてはいられません。
頑張ろうと思うことで、つい計算を働かせてしまったり
目標や希望があるが故に、臆病になったりしてしまいます。
でも、そうなってきたら運も傾きだすから怖い。

楽しみを思い出すように感情をインプットし直さねばダメね ::ne
楽しみが努力の過程で見えないときには気をつけねばね。

消えてしまってる感情は「楽しもう!」などと思うだけでは、
実際に取り戻すなんて、そう簡単でないとは思います。
楽しもうと思うだけで楽しめるはずがない :no:

自然に楽しみの感情が湧いてくるようにしなくては!
心の底から「楽しみとは」と過去の記憶を辿って呼び起こそう。
どんなに楽しかったか。過去の記憶を見つけましょう(^o^)/

20150704a

そうすれば、自分なりの楽しみ方が見えてくるかもしれません。
楽しみ方は、人それぞれでよい :heart:
プレッシャーでいっぱいのとき、あれこれ考えるのが普通です。
考えなくてはやっていられなくなる(-_-;) でも!!
無駄に心配を働かせると裏目にでることが多く、
『決して万全の力を発揮できることにならない』と思えたら、
見え方も変わる。

楽しめないときに楽しみを引き出すには、見方を変えることなのだ :hint:
心配や無気力は、過去の楽しみで上書きしていきましょう。

どんな時でも、楽しみを上書きすることは可能です。
あなたが過去の記憶から、生々しい感情を呼び出して今感じること!
状況が過酷か幸せかではなく、今感じていることが自分の中の実感です。
先に実感。後から現実がついてくる :kira:

あの時は、楽しかったなぁ〜 と思い出すのが突破口
内にむけた努力でも、外に向かう行動でも同じです。
楽しみが伴う努力を作り出すのです。

無理だったことが少しでも進展したら嬉しい。
進展させるには、どう考えても自分の努力がなくてはならない。
だったら、そのために楽しみを見出さねば!
進展させたいのだものねd( ̄ ̄ー ̄ ̄)

あぁ〜、楽しい。やってて良かった。
そう思えた記憶を生々しく見つけてこよう。
あぁ、楽しい!
自然に楽しみが湧き上がっていた時間。その時の自分。
忘れていた記憶が、今の自分を助けてくれるかもしれません。

計算で得られるものと、今の自分を比べてみれば良いでしょう。
きっと湧き上がった楽しさを捨てることは出来ないはず。
それこそが大事。どんな苦労の最中でも大事。
今、それを見つけられたとしたら進化できるに違いなし!