今日の運チェック!
       

頑張り方が見えないときは!

怠慢・ぼんやり
この記事は約2分で読めます。

元気がないわけじゃなくても、行動できてない時。
もしくは、本当に元気とやる気が不足している時。
一番効く後押しは、頑張ってる人の影響だと思います。

ここ数ヶ月の間に大変さを乗り越えようと
労力と気力を振り絞って頑張ってた人たちに変化が出てきた👏
連続して状況がよくなっているのを見ていて思いました。
「いいなぁ」(笑)。そして秘訣を聞こうと思いました。

頑張っている最中に、完璧だと感じていたと限らず
とにかく、背中を槍で突かれているような勢いで必死 💨
出来たとか、出来ないというより、精一杯やるだけ。
なるほど、大阪に戻っていたときの私みたい。

背中を突かれるレベルになると頑張れるのだけど、
自分で自分の背中を突くようなことが難しいのよね 😓
けれど、難しい状況を頑張ってた話を聞いているうち、
徐々に心の中に晴々 :hare: とした気分が出てきて、
よく頑張ってたな」と、しみじみ感情移入してて、
自分が立派なわけじゃないけど、誇らしさも感じてた。

それが気力になり「もっと自分も!」と思える。

20150703a

全力疾走しているときに「頑張れ!」と言われたら、
よっしゃーーー! とエールになるし、
体調が悪いときにも「ありがとう」と励みに思えるでしょ?!
けれど、中途半端なときには頑張る方法が見えないもの。
違いは何かと思うと・・・・

前者は二つとも、自分で頑張るという気持ちにある!

全力疾走しているときも、病気で寝込んでいるときも、
励みにして自分が頑張ろうという気力なのである。
間違っているときの自分は多分、
「良い転機を見つけられたら」 と受動的で他力本願
そこに気づければ、きっと好転できた人と同じになれる。
昇れるはず!

『後は、キッカケだけだ』 などと計算や予測をするのでなく、
キッカケは自分が動くことからなのだの間違いですd(o゜◇゜o)
自分も何かしよう つながることが励みなの。
それを世間では刺激と呼ぶ :love:

刺激とは即ち、何かがやりたくなることなのよ。
何をすべきかと考えるのではなくね ☝

タイトルとURLをコピーしました